続々々々々.天国からの使者ヴィヴィアン

和歌山のJRの故たま駅長に端を発する、「招き猫」ブームには目を見張るものがあります(^◇^;)

この経済効果を、アベノミクスにかけて「ネコノミクス」というのだそうですが…

私が3匹の愛猫の親だった17年間には、あまりなかった現象です…

以前は、世の中では猫派より犬派の人の方が多かったので、私が「親バカ」ぶりを発揮していると、周りから奇異な目で見られたものですが、今ではFB上の動画であまたの親バカさんたちを見ることが出来ます(^◇^;)

可愛らしい動画を見て、目を細めることはあっても、「もう二度と猫は飼わない。もう二度とあんな苦しい想いはしたくない。・°°・(>_<)・°°・。」と、3匹の我が子を天国に送った私は、未だに傷の癒えない心を抱えているのでした…

(今、活躍している宇良と言う力士の名前を聞くだけで、亡くなったウルルことウラナスを思い出して涙ぐむ始末💦)

話は最初に戻りますが…

今月の12日頃に夢に出てきたヴィヴィアン…

私は理由を考えました…

ヴィヴィアンが父の命日に亡くなった意味も…

実は…

忙しさにかまけて、父の命日を忘れてしまっていた私は、ヴィヴィアンが夢に出てきたことでハッと思い出したのでした💦💦

あ、そろそろ父さんの命日だわ‼️Σ(゚д゚lll)

っと…(;^_^A

5月15日

父の命日には、お花を買って遺影の前に供えました…

生涯、ライバルだったヴィヴィアンですが、少しは飼い主への恩を感じてくれたのかも知れませんね(;^_^A

ありがとう、ヴィヴィアン(*^^*)



[PR]
by ururu1123 | 2016-05-22 09:00 | Comments(0)

酒井理惠のドタバタの日常....(^^;


by Rie