酒井理惠のドタバタの日常....(^^;
by Rie
プロフィールを見る
カテゴリ
日記
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
最新のコメント
お、お恥ずかしい話ですが..
by ururu1123 at 04:28
え~!またどうしたんです..
by kurione04 at 18:08
西日本の猛暑は経験済みで..
by ururu1123 at 08:06
コメントありがとうござい..
by sukokurage02 at 19:31
あらー 初めまして(*..
by ururu1123 at 18:02
こんにちは 初めまして..
by sukokurage02 at 15:22
こちらこそ、生まれて初め..
by ururu1123 at 16:38
いろいろとお世話になり有..
by telemon6 at 19:35
ジャパニーズの女1人NY..
by ururu1123 at 11:15
  ニューヨーク旅お疲..
by くうみん at 06:22
えっ、食べ過ぎ⁉️ ど..
by ururu1123 at 06:02
退院おめでとうございます..
by たむら at 21:22
たむらさん、ありがとうご..
by ururu1123 at 21:09
お見舞い申し上げます。早..
by たむら at 14:29
ありがとう〜、Dakko..
by ururu1123 at 17:33
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
venuspoor.com
from venuspoor.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
小林繁氏の急逝に振り返る..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
試練じゃなかったです(^◇^;)
at 2017-11-24 07:15
11.26です(≧∇≦)
at 2017-11-22 11:35
久々の試練(ーー;)
at 2017-11-21 10:50
Flu shot❗️
at 2017-11-20 09:55
続.下見
at 2017-11-16 13:10

2011年 03月 27日 ( 1 )

続・今日の新聞から

事件の前日の6月7日・・・

札幌の某ホテルで、パーティのアトラクションで歌う仕事をいただいていました・・・

その仕事は2ヶ月くらい前から決まっていたので、本当は6日に札幌入りして8日の夜に帰ろうと思ってチケットも早割で手配していました。

ところが、5月の半ばにウルルが癌の末期だとわかり、チケットを一度キャンセルして、7日札幌入りの8日の午前の便で東京に戻るチケットに変更しました。
(正直、それがキャンセル料とかですごく高くついてしまいましたが、そのときはそんなことを考えられませんでした)


虫の知らせってあるんでしょうか・・・・

私は東京へ出るとき、3匹とも札幌の知人に預けて行ったのですが、ウルルが何度も何度も夢に出てきたので、亡父の49日の法要の時に釧路から札幌に寄って、ウルルだけ柏に連れて行ったのです・・・
(そのとき、ウルルが亡くなるちょうど1年前でした・・・)


6月7日の早朝、柏のマンションを出るとき、ウルルはもう脚が麻痺して歩けない状態だったので、ネコベッドに横たえ、ペットシートをお尻に敷いて、頭のすぐ近くに餌と水の皿を置いて、

「ウルル・・・私が戻るまで逝かないでね、お願いだからね・・・ウルル・・・」

と、何度も頬ずりをしてマンションを出ました・・・

その日の夜にはステージがあったので、目を腫らして歌う訳にいかないので、飛行機の中でも決して涙は流しませんでした。


ステージも無事に終え、次の日の8日の朝11時の飛行機に乗り、羽田からモノレール、そして山の手線に乗り換え、電車が秋葉原駅に止まったとき、私は窓からあの異様な光景に目を見張りました・・・・


秋葉原の街中、人・人・人・・・
歩道にも車道にも歩道橋の上もその階段にも、ビルの屋上、そしてオフィスの窓から、ベランダから・・・

ものすごい数の人たちが、みんな同じ方向を向いて微動だにしていませんでした。

そして、救急車やパトカー、消防車の数も尋常じゃなく、単なるイベントなんかではないことはすぐに見てとれました。

それでも私は、上野から常磐線に乗り換え、柏駅で降り、キャスター付の大荷物をガラガラと引いて走り、マンションに帰るまで、ウルルのことしか頭にありませんでした・・・


部屋に着いて、ドアを開けるなり、
「ウルル!」
と、叫ぶと、遠くにウルルの小さな頭が少し持ち上がってこっちを向こうとしている様子が見えて安心しました!

私は靴も荷物も放り散らして、ウルルに駆け寄ると、ウルルは目を閉じて喉をゴロゴロゴロゴロと鳴らしていました・・・

餌も水も全く減っていなかったので、すぐ粉末のパウダーを水で溶いてスポイトで口に含ませてあげました。

我慢していた涙がとめどなく流れ、3㌔くらいに痩せてしまったウルルをしばらく抱いて、
「ごめんね、ウルル、ごめんね、ごめんね・・・」
と、ささやいているうちに、ウルルは安心したのか、寝息をたてて眠ったので、ベッドに静かに横たえて、それからやっとテレビのスイッチをつけました・・・


どのチャンネルも秋葉原の事件のことを現場からリポートしていました。

私は飛行機に乗っていて、全く事件のことを知らなかったので、食い入るようにニュースを見ました・・・

現場から生中継しているリポーターの後ろでは、若者たちが笑いながらテレビに向かってピースしたり、写メを撮ったりしていました・・・
(後日、最初にトラックで轢かれた男性の隣を歩いていて助かった被害者の友人が、「周りの野次馬の人たちが、即死状態だった友人の写メを撮ったり、笑いながら誰かに事件のことを電話で話したりしていた」と、涙ながらにテレビで語っていました)


・・・・・・・・

私は、上京していろんなことを経験しました・・・

芸能界の裏側もいろいろ見てきました・・・

もう北海道に帰りたい・・・
そう思い始めていたころだったので、私はそのニュースを見て心に決めました・・・

ウルルを天国へ送ったら、北海道へ帰ろう・・・と・・・


それからちょうど1ヶ月後、ウルルは天国へ旅立ち、しばらくの間、私は悲しみに暮れていましたが・・・・・
少しずつ故郷へ帰るべく準備を始めました・・・・


・・・・・・・・

あれから3年がたちました・・・

私は、今みたいにまた笑顔になれて、冗談が言えて、歌が歌えて、一瞬でもウルルのことを考えない日が来るとは、そのころ夢にも思っていなかったので、
「どんなに立ち直れないほど辛いことがあっても、すべては時が解決してくれる」
ということを学びました・・・


そして、歯を食いしばって前に進もうとしていた私を支え続けてくれた友人たち、お世話になった皆様、天国から私を見守ってくれていた父とウルル、そして釧路の母に心から感謝・・・

そして、私は今、大好きな北海道で好きなことができて、大変ではあるけど、とても幸せだと報告したいです・・・


私は、死刑判決を受けた加藤被告に対して思います・・・
(彼の犯した罪の重大性を鑑みれば、極刑は免れないと思うけれど)
彼にもそういう存在の人がいれば、こんな事件を起こすことはなかったのではないかな・・・と・・・
[PR]
by ururu1123 | 2011-03-27 01:55 | Comments(0)