夏〜〜\(^o^)/

さわやかな北海道の夏がやってきました〜(^o^)/

長い内地暮らしで、すっかりジメジメした夏がキライになってしまった私ですが、やっぱり北海道の夏はサイコーで~~す(*^^*)

今年も8月に美瑛に一泊の計画を立てていますが、今3人集めています(^o^;)

『スプウン谷のザワザワ村』です。ググってね(^o^)

ご興味ある方はご連絡ください〜(^o^)/


さて、『ビッグバンドぼうふうりん』もいよいよ後編ですので〜、こうご期待〜〜(^o^)/執筆なう

Coming soon 〜♪
[PR]
by ururu1123 | 2012-06-30 10:39 | Comments(19)

信頼できる友であり大先輩(トランペッターKさん)がいてくれたので、何も不安に思うことはありませんでした....

まるで、「何回もリハをしたんじゃないかい?」と思えるくらい気持ちよく歌えましたっ(^o^)

演奏者がアドリブを回している間、ちょっと客席を見渡す余裕がありましたが、みなさん笑顔で手拍子をしてくださって、そこのライブハウスの外国人スタッフ(ラテンダンスの先生らしい)が、ノリノリで踊っていました(^o^)

そして....

4,5人のアドリブが終わり、Kさんのアイコンタクトで最後のコーラスを私が歌い始めました....


話は変わりますが…

セッションで一番気を使うのがエンディング〜(エドはるみ風に)

それこそ、

「あれ?あらららら…まぁ、最初だし〜_(^^;)ゞこれくらいのパラパラは仕方ないか〜、人数多いし~~」

になってしまったらチョーかっこ悪いので(-_-;)今日はね…

始まる前に

「譜面通り!譜面通りでお願いしますっ!m(__;)m」

と、念を押していたのでした....


実はその譜面は、数年前にKさんのコンボバンドでクリスマスパーティで歌ったときにKさんがかっこよくアレンジしてくださった譜面だったので、その通りに終わらせたかったのですっ!
............

そして、いよいよエンディング....

一糸乱れず「バビッ!!」っと、気持ちよく決まりました~~~~っ\(^o^)/

客席からは....

自分が期待していた以上に「やんややんや〜(^o^)」と歓声をいただき、私は

「Yさん、Mさん、末永くお幸せに〜m(__)m」

と言って、深々と頭を下げ、思い残すことなくステージを降りました(*^^*)

テーブル席に戻る間も、行きはいぶかしげに見ていた方々もパチパチと手をたたいてくださり、私は

「どうも、どうも、恐縮ですf(^^;(梨元さん風に)」

と、言いながら、テーブルの間をぬって自分の席につきました。

…………

セッションは大体終了し、みんなは思い思いに席を移り、歓談しているようでしたが、私は急に猛烈な飢餓感に襲われ....

テーブルの上に残っていたご馳走を手元にあれもこれも引き寄せ、当初の目的も果たして緊張の糸がほどけたのも手伝って、わき目もふらずガツガツと食べ始めました(^o^;)

もうかれこれ7、8時間は何も食べていなかったので、どこにこんな量が入るの?ってくらい食べ続けていましたが、ちょっと一息ついて、ウーロン茶を飲む為に箸を休めると....

私の左隣の席の若い女性と話をしていた丸顔のメガネの青年が、違う席から移って来られていたらしく、私とバッチリ目が合ったので、私はニッコリ微笑んで軽く会釈をしました。

その30代そこそこの、いかにも誠実そうな温厚な感じの青年こそ、後で知る事になるのですが、「ビッグバンドぼうふうりん」の1stトランペットを担当しているバンドマスターでいらしたのでした....

そんなことも知らずに....私とその青年(Wさん)は会話を始めました....

「いや〜、『All Of Me 』よかったですね〜!あの〜....歌がお上手ですね〜(^o^)」

と、お褒めの言葉をいただいたので、まだ口の中にチャーハンが残っていたのですが、

「あ、ありがとう…モグモグ…ございます…モグモグ(^o^;)」

と、ペコペコと頭をさげましたf(^^;

会話はそこで終わらず、Wさんは

「どこかで....歌っているんですか....?」

とあれこれと質問して来られたので(これを説明し出すと3日間くらいしゃべり続けなければいけないので)、簡単に

「え、ええ…まぁ…3年くらい前までは『エンペラー』で歌っておりましたが…f(^^;」

と、それだけを言うと、Wさんは目をクリクリとまん丸にして

「なんだ!じゃあ、プロじゃないですか~っ!(@_@)」

と、言われたのでした....

私は、

「あ、ちょっとマズいこと言ったかな…(-_-;)」

と、思ったのですが、後の祭りで、それからWさんの言葉数が少なくなったので、私から

「あ....機会があったら是非、みなさんのビッグバンドで歌わせてください〜(^o^)」

と「プロポーズ」しましたが、Wさんは

「あ、は、はい…そ、そうですねぇ…そ、そう言う日がくるといいですねぇ…」

と、言葉を濁したのでした....


そこには、ぼうふうりんに限らず、ビッグバンドに『なかなかヴォーカルを入れるのに躊躇する海より深~い理由』があったのでした....


to be continued ....
[PR]
by ururu1123 | 2012-06-28 13:07 | Comments(4)

私は、2時間近くも待ち続けていて、多少くたびれてお腹も激すきではありましたが、

「はいっ(^o^)/」

っと、元気よく返事をしてスックと立ち上がりました!

そして、自分のレパートリーが全部入った譜面(それほど多くはないんですけど(^^;)のファイルを携え、メラメラと炎を燃やしながらテーブルの間をぬってステージに向かいました。

各テーブルの横を通るとき、席に座っている方々は、私のただならぬ雰囲気にちょっと引き気味でありました(^o^;)

トランペッターのKさんに促され、ステージのフロントに立って後ろを見ると、6,7人くらい演奏する方がおられたと記憶しています(@_@)リズム楽器はピアノさんだけで、あとは管楽器だったような....

私は瞬間、体が硬直しました....

Kさん以外のみなさんとは初対面で、当然、どなたとも一緒にやったことはなく、印象としてU30な感じの若い方が多い....

時々....ライブハウスでのセッションに参加して、

「この曲をお願いいたします〜m(__)m」

と、譜面を配ると、

「すいません、この曲、知らないです〜f(^^;」

と、言われることもあり、

「ま、セッションだし、ちょっとやってみますか〜(^o^;)」


「あれ?あら....あららら〜(^^;
まぁ、初めてだしね〜、また来月やりましょうよ〜_(^^;)ゞアハハ〜」

ってな感じになることもあるのですが....
(そうやって、腕を磨いていくのがセッションの良いところでありまして〜_(^^;)ゞ)


....が、しかしっ!

今日だけは、いかに行き当たりバッタリとは言え、

「あれ?あら....あららら〜f(^^;まぁ、初めてだしね〜、また今度ね〜(^^;」

では、済まないのだ(-_-;)

(いや、だから、あんたのステージじゃないんじゃけ〜(゜゜;)\(--;))

そ、それは十分に承知していたのではありますが....(^^;

そのときの私は....

もう、あと数日で『3ヶ月限定』のライブハウスとは契約が切れるので、そのあとのことを真剣に考えていかなければならなかった....

どんな小さなチャンスも大切にして将来に繋げていかなければ....

そんな崖っぷちの状態だったのです....(-_-;)


それはさておき....

仕事じゃないとは言え、もうステージの上!

モタモタなんてしていられないっ!

私は選曲を一番無難な『All Of Me』に決めました!
(これはみなさんご存知じゃろ〜(^o^;))

....曲が決まったはいいけれど、今度はCメロの譜面の枚数が人数分なかったので、Kさんが譜面台や立ち位置の調整などしてくださっている間、私は手持ちぶさただったので、急きょお祝いのスピーチをすることにしましたf(^^;アセッアセッ

「Yさん、Mさん、そしてご両家の皆さま、本日は本当におめでとうございますm(__)m
心よりお二人の末永いお幸せをお祈りいたします(^o^)」

と、ここでやめておけばよかったのですが....

ここで終わらないのが、私の私たるゆえんで....f(^^;

「....ま、とは言いましても、お二人のお幸せ以上に自分の幸せのこともこの際、考えないといけませんので_(^^;)ゞ
あ、ちなみに、みなさんの中で独身の方はいらっしゃいますか?(*^^*)」

と、尋ねると、みなさんいい感じで酔っておられたので、ほとんど私の独壇場となったステージにドン引きすることもなく、けっこうたくさんの男性(あきらかに妻帯者と思われる方や、5、6歳の男の子までお母さんに促され)が、

「ハーイ(^o^)/」

と、手を挙げて下さったのでした(^o^;)ヨシヨシ、つかみはOK〜!

硬かった会場の雰囲気も、自分の緊張もこれで和らぎ、

「それでは、その独身の男性に『私の全てをうばって!』と言う、とってもステキなラブソング『All Of Me』をお届けしたいと思います〜〜(^o^)/♪」

と、言い終わったところでイントロが流れ、私はいろいろな想いを込め、ここでこうして歌わせていただけるチャンスを与えて下さった新郎新婦のご両人、トランペッターKさん始め多くの方々、そして神様に感謝して、最初の緊張がウソのように一曲入魂することができたのでした....


to be continued ....


今、こうして振り返ると、やっぱりヒンシュクを買っていたかの〜〜f(^^;
[PR]
by ururu1123 | 2012-06-27 00:45 | Comments(7)

ぼうふうりんのギターさん(Mさん)は、同じく団員でトランペット担当の聡明な女性と1カ月後の5月には結婚式を挙げることになっていました。

婚約者だった彼女(現在のMrs.M)もセッションには来られていたので、1度お話をしたことがありました…


そして....

これからが、私の私たるゆえんと言いましょうか....(^^;


普段、私はどちらかと言うと控えめなほうだと自分では思っているのですが(勘違い?f(^^;)、どうしても叶えたい願いはどんなことをしても叶える!くらいの情熱も持ち合わせているのでありました…

私は、トランペッターKさんが

「2次会のパーティーでは、ぼうふうりんのメンバー全員や音楽関係者が集まり、演奏もするし、その後はセッション大会になると思うよ(^o^)」

と言っておられたのを思い出し、それまでMさんと婚約者の方とは、月1のライブハウスのセッションでたった3回くらいしかお会いしたことがないにもかかわらず、

「是非ともっ、お祝いにかけつけたいですっ!お2人の門出をみんなと一緒にお祝いして喜びを分かち合いたいですっ!」

と、まるで10年来の友のような口ぶりで、どこの誰かもわからない(単にKさんの友達ってだけの)私を無理やりパーティーに招待させてしまったのでした。

「ほ、ほ、本当に来ていただけるんですか?(^o^;)」

Mさんは物静かで聡明な、人柄のよい方なので、私の言われるがままに素直に?招待状を送ってくださいました...(^^;


そして...

『その日』はやって来たのでした。

当然ながら、誰一人(Kさんと、セッションでお会いした方以外)知っている方はいなく、同じテーブルに同席した方たちも

「この人はどちらの家の関係の人なんだろう・・・」

と、いぶかしい感じで私を見ていたように思います....(^^;


宴もたけなわになり、ぼうふうりんのメンバー全員での演奏も華やかに始まりました。

20人近いバンドの演奏はやはり迫力があり、こじんまりとしたパーティ会場(某ライブハウス)は熱気であふれていました。

そして、その後は新郎新婦にゆかりのあるご友人の方々が次々にデュエット、トリオ、カルテット・・・と入れ替わり立ち代り演奏をしたり、歌でお祝いしていました。

そして、なんといっても目玉は、新郎新婦のギターとトランペットのDuoでした。
(ウエディングドレス姿の新婦がトランペットを吹く姿は、それはそれはステキでした!)

私はこの時のために、ほとんどご馳走やお酒を食べたり飲んだりせず(食べ飲みすると歌えないので)、譜面をひざの上に置き、今か今かと「出番」を待っていました。


そして…しばらく演奏が続き、みなさん祝い酒に酔いしれ、ボルテージも最高潮に達したころ....

5,6人の人たちがステージに上がり…

Kさんが

「理恵さん、何だったら歌うかい?」

と、私に声をかけて下さったのですっ!

つ、ついに、『オーディションの時』はやってきたのでありました!


to be continued ....


あ、決して歌いにだけ行った訳ではなく、お2人の門出をお祝いしに行ったのですからね~
くれぐれも、誤解なきよう....(^^;


(お詫び)
このblogは、手違いで一度削除してしまいまして、再度upしたものです....(^^;
コメントをいただいた皆様、まことに申し訳ございません~~~!m(__)mひらに~
[PR]
by ururu1123 | 2012-06-25 12:48 | Comments(2)

Tさんにお電話をいただいて、次の日にすぐそのライブハウスに面接に行きました。

店はちょっと自分が思っていたジャンルとは違って、ディスコやオールディーズ、アメリカンポップス系の歌を歌っているようでした(^o^;)

しかも私は東京での2年間は全く洋楽から離れていたので、

『はい、今晩からすぐね!』

と言うのもムリがありました(-_-;)か、歌詞をさらわないとね〜

結局....

数日後にきたマスターからの電話での採用結果は

『今回、ごめんね〜、ジャンルがちょっとね....』

と言うものでした....(ToT)

まぁ、それでも、こう言うことも今後ないとは限らないので、段ボールにしまいこんだ洋楽の譜面を出してきて、一からおさらいすることとしたのでした!
(もちろん、歌謡曲、演歌も忘れないように日々練習していました)

すると....

2、3日してからまたマスターから電話があり....

『いや〜、実は違う子を入れたんだけど、1日で辞めちゃってさ〜!悪いけど、スタンダードジャズでいいからやってくれない?』
(その店にはヴォーカルが他に3人いたので、私がメインじゃなくてよかったのでした(^^;)

と、言われ、結局3ヶ月お世話になることになったのでした(^o^;)

そのお店ではバンドのメンバー全員が接客もしていて、そのような光景を目にしたことのない私は、本当に厳しい時代になっているんだ....と言うことを実感しました....

そして、ウィスキーの水割り1つ作ったことのない私は、ウーロン茶みたいな水割りを作ったりもして、ずいぶんとお店にご迷惑をおかけしたことと思います〜〜_(^^;)ゞスンマセン〜

............

そんな中、エンペラー時代から、ビッグバンドの譜面を書いていただいたり、イベントの仕事を紹介して下さったりしてお世話になっているトランペッターKさんから、

『あるライブハウスで月1回ジャズセッションを仲間で集まってやってるから、もしこれからジャズもやっていくなら参加したらいいんじゃない?』

と、声をかけていただき、喜んで参加することとしました(^o^)

そのセッションのリーダーだった方がビッグバンドぼうふうりんのメンバーだった方だったのです(今は転勤で札幌にはおられませんが)。

トランペッターのK さんは何年も前からぼうふうりんの技術指導していらっしゃる立場でした。


そのライブハウスでのセッションにはぼうふうりんのメンバーの方も何人か来られていました。

私は2月から参加したのですが、もう3回目の4月くらいにはセッションの常連のみなさんと、休憩時間などで打ち解けていろんな話をするようになりました(^o^)

そして、あるとき....

ぼうふうりんのギターさんが

『ぼうふうりんも10年くらい活動しているんですけど、ずっとヴォーカルを入れたいと熱望しているんですが、なかなか探しても縁がなくて....』

と言われた言葉を、私は聞き逃しませんでしたっ!

このときこそ、私がビッグバンドぼうふうりんに赤い糸をムリヤリ?かけ始めた瞬間だったのです....


to be continued ....
[PR]
by ururu1123 | 2012-06-24 15:12 | Comments(5)

2009年1月…

正月明け早々に札幌に帰ってから、私は「訳あって」テレビのない生活を始めて(2010年2月2日blog参照)、長いことDVDのアメリカンドラマの鑑賞を趣味にしていただけに寂しい毎日を過ごしていました。

転居届けや年金、健康保険、免許や生命保険、銀行、郵便局の住所変更など諸々の用事をバタバタと済ませたあと、早々にリエママに預けていたユニコーンとヴィヴィアンを迎えに釧路に行きました。

2年振りだね〜、みんなごめんよ〜〜〜(ToT)忘れてないよね~?


そのとき、リエママや弟には

「もう、ここまで景気も悪くなって、年齢も年齢なんだから、音楽を続けるなんて諦めたほうがいい!
大体、昼の仕事だって見つけることも超難しい時代なんだから!」

と、いよいよになったら、釧路に帰って来ることも考えたほうがいいとまで言われたのでした…(-_-;)

いや、本当にその通りで、さすがの楽観主義の私も

「まぁ、何とかなるさ〜_(^^;)ゞ」

では済まない時代になっていると言うことは充分にわかっておりました…

それでも…やれるだけのことはやってみよう…

2月からは本格的に就活を始めました。

エンペラーで歌う前にお世話になっていた札幌の法律事務所の弁護士の先生にも手紙をしたためて、いつでも持って行けるよう、履歴書と一緒に準備をしていました。

そんなとき....

ひょんなことから某所で出会った、長年すすきので演歌を歌っておられるTさんと言う方とお話をする機会があり、お互いの経歴を話すうちに、M社長始め共通の知人が何人かいて、その人達の話題で盛り上がりました。

「今度、機会があったら一緒に仕事ができたらいいね(^o^)」

と、おっしゃってくださり、お互いの連絡先を交換しました....

それから数日して、そのTさんから電話があり、

「あるライブハウスでヴォーカルの子を探しているらしいんだけど、今度入る若い子が3ヵ月後からしか店に出られないらしいから、その間だけでもどうかな?って、オーナーが言ってるんだけど」

と言う、有難いお話を持ってきてくださったのでした(@_@)

こうして、私は、すっかり諦めかけていた音楽の道をまた再び歩き出す事となっていったのでした…


to be continued ....
[PR]
by ururu1123 | 2012-06-22 13:08 | Comments(13)

「あけましておめでとう。ところでね、あなたに紹介してたライブハウスが倒産したらしいよ!」

2009年1月2日、私は東京浅草で寄席を観た帰りに、キャバレー・エンペラー時代からお世話になっていたBプロモーションのM社長との電話でこんなセリフを聞いて絶句しました(@_@)
(札幌に帰ったら、そのライブハウスにお世話になる予定だったのですっ(>_<))
............

その日は、東京での2年間、いろいろと応援してくださった方々15,6名の皆さんが集まって、私の送別会兼新年会をしてくださっていたのでした。

寄席には100人以上の真打ちの落語家さんや漫談家、漫才師の方々が朝から夕方まで5分程の持ち時間で入れ代わり立ち代わり登場し、芸を披露して初笑いを誘っていましたが、私たちはお目当ての『綾小路きみまろさん』のめちゃめちゃ面白い漫談を聞いて、ご飯を食べに行くため昼過ぎに演芸場を出ました。

全員そろうまで外で待っていると、

「きゃ〜〜〜!!」

と言う、たくさんの黄色い声援が....(・・;)

振り向くと会場を出て足早に次のステージに向かうきみまろさんの姿が....

きみまろさんはちょうど私の立っている方向へ小走りでやってきたので、思わず

「あのー、きみまろさん!
札幌のBプロモーションのM社長をご存知ですか?(^o^;)」

と、声をかけました....

すると、きみまろさんはピタッと足を止めると、振り返り、私の顔をじっと見つめて

「あなた…今、誰と来ているの?」

と、聞き返したのでした。

「あ、いえ、今日は知人と一緒なのですが、私は以前、札幌にいるときにエンペラーで歌っていたものですから。
M社長からよく、きみまろさんのお話は伺っていました(^o^)」

と言うと、きみまろさんは何かを言いたそうにして口を開きましたが、マネージャーらしき男の人にせかされ、そのまま名残惜しそうに走って行きました。


実は、M社長はきみまろさんが全く無名だったころ、一生懸命売り込みにきていたきみまろさん(マネージャーもいなく)を、あの通りの毒舌の漫談でめちゃめちゃ面白いしギャラもその頃は高くなかったので、何度かエンペラーに出演させてあげていたらしく、その後、年月が流れ、テレビや雑誌で大活躍するきみまろさんの姿を見ては、その話を懐かしみながらしてくれたことがあったのでした。

M社長の名前を出して、立ち止まったところを見ると、きみまろさんはそのころのこと(20年も前の話)を忘れずにいたのでしょう、きっと....

私はその話をするため、ついでに新年の挨拶と、もう来週には札幌に帰る旨を伝えよう....と、寄席の帰りにM社長に電話をしたところ、先述のショッキングなセリフを唐突に言われたのでした(・・;)

折りしもリーマンショックの3ヶ月半後、日経平均株価も7000円を割り、6000円台までに暴落したころでした....

私はその何日か後には札幌へ引越しすることになっていて、その時、これから札幌へ帰っても待ち受けているであろう波乱の日々を予感し、不安な気持ちでいっぱいになったのでした....


to be continued ....


いつも前置きが長くてすまんの〜_(^^;)ゞ

あ、ぼうふうりんのメンバーの方がいらしてるんでしたら、ペタペタしてってね~♪
(急にカウントが上がっているので…(^^;)
[PR]
by ururu1123 | 2012-06-20 12:57 | Comments(8)

去年のコンサートは11月26日でしたね〜_(^^;)ゞお詫びして訂正いたします〜

最近、ちょっとネタ切れになってきつつあるので、せっかくなので、私とビッグバンドぼうふうりんのなれそめなんぞをつづりましょうか....

あれは、2009年....私が東京からボロボロになって帰ってきた年でした....


to be continued ....


って、早い?_(^^;)ゞ

朝だから、あとでゆっくりね〜(^o^;)
[PR]
by ururu1123 | 2012-06-19 06:44 | Comments(3)

今日、ユニコが寝室のドアをカリカリする音でガバッと飛び起きた!

にゃ、にゃ、にゃんと〜〜!

午後2時っ(@_@)

なんと!13時間もこんこんと眠り続けていたのだ〜〜( ̄▽ ̄;)アセッアセッ

今週は月曜からめちゃめちゃハードで、ずーっと睡眠不足だったので〜〜f(^^;

さぁさぁさぁさぁ、日曜だからとゆっくりしていられないっっっ!o(>o<)o

夕方から南幌へ行って、ビッグバンドぼうふうりんの7、8、11月のイベントの打ち合わせと、1回目の音合わせをしてきました(^o^)

みなさ〜ん、去年の11月23日(My Birthday)のぼうふうりんのコンサート以来ですね〜(*^^*)おひさー


今年も楽しくやりましょう〜〜(⌒0⌒)/~~

練習風景~♪
d0107097_20205389.jpg

[PR]
by ururu1123 | 2012-06-17 20:20 | Comments(5)

札幌まつり〜♪

d0107097_12551965.jpg

きのうから「札幌まつり」こと北海道神宮祭が始まりました〜〜o(^o^)o

お祭り好きな私は、

ピーヒャラピーヒャラ、ドンドコドンドコ....

笛太鼓の音がするだけで、そわそわしてしまい、窓をあけて通りを見たり、がまんできずに表に飛び出したり....(^o^;)仕事ちう〜
(もちろん、ボスの留守中(^^;)

昨日はPureの日でしたが、ステージ時間が遅い為、6時に仕事を終えて地下鉄に乗らずに中島公園を通り抜けて帰りました(^o^)

7、8年振りかな〜〜、この雰囲気....

ま、1人っつーのが、ちと寂しいものがありますが〜〜_(^^;)ゞ

短大生のときは、お化け屋敷やオートバイのショーを観たりしたな~(誰とかはナイショ)

昨日はお目当てのリンゴ飴を買って、何となくお祭り気分を味わって帰りました〜(*^^*)

昔より、リンゴが小さぁなったの〜(・・;)


浴衣のお姉さんたちもいっぱいいて〜(*^^*)

いよいよ、北海道にも夏がやって来るね〜〜o(^o^)o

今年も後半戦、ガンバルゾ〜(^o^)/

大好きなフルーツの飴♪
d0107097_12551956.jpg

幌平橋からの眺め… 8月にはここで花火大会も~o(^o^)o家から徒歩5分~
d0107097_12551958.jpg

[PR]
by ururu1123 | 2012-06-15 12:55 | Comments(8)