ベタで演奏♪

リハーサルの時など、いつもとまどうのは、いろんな専門用語です…

譜面の、カッコ1、カッコ2、ダルセーニョ、コーダくらいはわかるものの、

「もう一回、Eからね、歌も入って!」

とか言われても、ステージ上で、こっちは手元に楽譜もない....

「え?○○○のところから?(・・;)」

と、歌詞で言っても、譜面には歌詞は書いていない…
(『サビ』から!くらいならわかりますが(^o^;))

トランペッターK さんいわく…

「歌詞で言われてもね〜(-_-;)」


....とまぁ、こういうドギマギすることはよくあることなんですが、おとといの月形ではちょっと優越感に浸ることがありました…


いろんな機材のセッティングに時間が取られ、音合わせをする時間が10分くらいしかない…

とりあえず、ヴォーカルのサウンドチェックを中心にやろうと言われましたが、全曲なんてやる時間がない上に、この日初めてエキストラで来られたトランペッターTさんと私で4バース([Four Bars]. 4小節交換とも言い、4小節ずつソロを回すことを指す。4小節単位という短さだが、掛け合い演奏もしくは アドリブ対決の様相を呈する。)することに急遽なってしまい、Jazzを1曲フルでやりました。

あとはひばりさんの曲で最後がリット(だんだんゆっくりになって終わる)する曲を2曲やろうと言うことになりましたが、もう5分しかない…


「2曲ともベタでやりますか?」

と、私が、数少ない知っている業界用語を言うと、6,7人のメンバー(ほとんど若いひと)が譜面からハッと顔を上げて、

「えっ?『ベタ』…って??」

と、口々に言ったのです!(・・;)

今まで、

「え?そ、それってどう言う意味ですか?(^o^;)」

とか、

「え?どこから歌えばいいんですか?f(^^;」

などと、ドギマギするのは私だっただけに、私は急に「ドヤ顔」になり、

「ベタで演奏とは、『リハーサル等で時間短縮の為に、譜面のリピートマークや、ダルセーニョを無視して短いサイズで演奏する事』を言うのよ〜〜〜〜〜( ̄^ ̄)」

と、初めて優越感に浸ったひとときでありました〜\(^o^)/


実は....

『ベタ』と言うギョーカイ用語も、エンペラーでリハをやるときに、とってもコワいバンマスが

「全曲ベタで!」

と、よく言っていたので、???(・・;?)だった私は覚えてしまったのでした〜f(^^;


今回は、「喪中」の身ではありましたが、リエママいわく、

「元気いっぱいに見えたし、MCもけっこうみんな大笑いしてたよ(^o^)」

と言うことでしたので、みなさん、手拍子もしてくださって、本当によかったよかったf(^_^
(バンド演奏のラスト『ラテンメドレー』が終わると、もちろんっ!アンコールがかかっていました(^o^))

来年も(ヴォーカルも)呼ばれたらいいにゃ~(^^)


今週は、今日明日は月末業務、木、金は昼夜、そして土曜は定山渓ジャズフェスなので、もりもり食べて(ユニコのことで、この1ヶ月で3キロ痩せましたの(T_T))、チオビタ飲んで乗り切ります〜(^o^)/

みなさんも夏バテに気をつけてね〜(^o^)/~~
[PR]
by ururu1123 | 2012-07-30 12:45 | Comments(7)

月形まつり〜(*^^*)

d0107097_4424171.jpg

例によって、枕が変わると寝られにゃい〜(T_T)

写真をupします(^_^)

って、私が写ってませんがf(^^;

いや〜、盛大なお祭りだったな〜(@_@)

ホテルの部屋の窓から、目の前で花火を堪能できて、リエママも

『来てよかった〜(^o^)幸せだわ〜(*^^*)』

と、感激していました(^_^)


さて、日馬富士関始め、伊勢ケ濱部屋の皆さん....

今日だけよそに泊まると言うので、

『え〜っ!何でですか〜〜(;o;)』

と、ホテルに聞いたところ、今日だけ部屋が満室だから、とのこと....

幹事のNさんに聞いたら、

『違いますよ、理恵さんとお母さんのために個室をとったからですよ(^o^;)(あとのメンバーはみんな大部屋)』

冗談でしょうが、今日だけ祭りの関係で泊まり客が多くて、よそに泊まりに行ったらしいです(^o^;)

何でも、私の部屋に日馬富士関が泊まっていたそうな....(・・;)

日馬富士〜、追い出してすみません〜(ToT)今夜また戻っていらして〜
[PR]
by ururu1123 | 2012-07-29 04:42 | Comments(0)

月形へ(^o^)/

月形の夏祭りに行ってきます(^o^)/

昨日からリエママが札幌に来てるので、気が紛れます(T_T)

そして....

今夜は月形に泊まりです(*^^*)温泉〜
(なぜかリエママも一緒(^^;)

ホントはユニコが逝きそうだったので、とんぼ返りの予定でしたが、泊まることにしました(ToT)

なんでも、日馬富士(伊勢ケ濱部屋の力士)が北海道巡業の関係で同じ宿に泊まるらしいですよ〜(@_@)ワーオ


ぼうふうりんの演奏は6時半ころからで、ステージが終わったら花火大会がドーンと始まる予定です(^_^)

けっぱるぞ!(^o^)/オー
[PR]
by ururu1123 | 2012-07-28 10:50 | Comments(5)

昨夜、ユニコが天に召されました(ToT)

享年17歳の大往生でした....

ウルル、ヴィヴィアンの待つ天国へ向かっているでしょうか....

最愛の妻のヴィヴィアンに再会できて、うれしいよね....

でも、またウルルをいじめたりしたらダメだよぉ〜(ToT)


ここ(斎場)を出たら、仕事に行きます。

夜にはステージ、そして、週末はぼうふうりんの夏祭りのステージなので....

もう涙君さよなら。


ユニコ、たくさんの愛をありがとう....
d0107097_8481431.jpg

写真は生後5か月のユニコ、小さいのは後からきた兄弟のウルル(虚弱体質だったので、体がユニコの半分でした)

ユニコ、ウルル、ヴィヴィアン....本当に本当にありがとう....(ToT)
[PR]
by ururu1123 | 2012-07-26 08:48 | Comments(10)

計画停電っ(@_@)

先日、昼の会社のほうに

「7月23日より計画停電が行われた場合の準備をお願い致します」

と言う通知がビルの管理会社から来ました....

今年はクーラーとは無縁の冷夏の北海道だから、

「内地?ほどの『節電』なんて、あんまり必要ないかな....」

と、高をくくっていたが、どうやら、対岸の火事ではないかも知れない....(-_-;)

どんなに、

「原発反対〜!o(>o<)o」

と思っていても、実際に日常生活や業務に差し支えが出てくると、理想ばかりも叫んでいられない....

現実に行動(徹底的な節電)してみんと....(-_-;)

とりあえず、停電に備えて、会社の冷蔵庫から悪くなってしまいそうな物は出して、お手洗い用の水をバケツに汲み置きして、蝋燭と団扇と懐中電灯、書類は手書き、エレベーターの代わりに5階まで階段昇り降り…などと万全の備えを…

(あれ?そう言えば、自宅のほうには計画停電の通知はなかったなぁ…(・・?))


こうなると、ホンマに『三丁目の夕日』の世界じゃね…(^o^;)

この心配が9月まで続くのか〜〜

でも、便利な物ばかりを追い求める生活をちょっと見直すいい機会となりますね〜_(^^;)ゞたまには、5階まで階段もいっか〜〜


あ、早よ〜寝よ〜っと(^^;)ゞ節電、節電〜
[PR]
by ururu1123 | 2012-07-24 01:39 | Comments(8)

さぁっ、ここで、「続×7 ビッグバンドぼうふうりん」まで遡って、おさらいしましょう~(^o^)/エンドレスじゃねf(^^;


(ぼうふうりんのメンバーYさんとMさんの結婚式のパーティで…)

…Wさん(ぼうふうりんのバンドマスター)は

「どこかで....歌っているんですか....?」

とあれこれと質問して来られたので(これを説明し出すと3日間くらいしゃべり続けなければいけないので)、簡単に

「え、ええ…まぁ…2006年までは『エンペラー』で歌っておりましたが…f(^^;」

と、それだけを言うと、Wさんは目をクリクリとまん丸にして

「なんだ!じゃあ、プロじゃないですか~っ!(@_@)」

と、言われたのでした....

私は、

「あ、ちょっとマズいこと言ったかな…(-_-;)」

と、思ったのですが、後の祭りで、それからWさんの言葉数が少なくなったので、私から

「あ....機会があったら是非、みなさんのビッグバンドで歌わせてください~(^o^)」

と「プロポーズ」しましたが、Wさんは

「あ、は、はい…そ、そうですねぇ…そ、そう言う日がくるといいですねぇ…」

と、言葉を濁したのでした....


そこには、ぼうふうりんに限らず、ビッグバンドに『なかなかヴォーカルを入れるのに躊躇する海より深~い理由』があったのでした....

(以上、「続×7 ビッグバンドぼうふうりん」より抜粋)


....っと言うことで、続×8~19までがその『海より深~い理由』だったのでありました~~~_(^^;)ゞワハハー

みなさ~ん、これでおわかりいただけましたでしょうか~?(^o^)

それでは、The en…


ん?(・・;?)なに?わからない?

しょうがないな~(-_-;)

それでは....本当にカンタンに一言で言いますとですね…

要は~、ぶっちゃけ、ネーカ(業界用語で『金』のこと)の問題っちゅうことなんですねん(なんで、いきなり大阪弁?(^^;)

ホンマのことゆーたら、音楽を生業にしとる人に演奏でも歌でも頼むとなると、ネーカ(ギャラ)が発生しまっしゃろ?(・・)ナ?ナ?
(Wさんは内心それを心配してはったと思う(^^;)

そして、長々と周りくどいことを書きよったけど、ビッグバンドでヴォーカルを入れるとなると、その人のキーで、その人の歌いたいアレンジで譜面を書いてもらわんとアカンさかい(もちろん、キーさえ合えば既製のパート譜もあるけど、ゆーても、それかて結構な額らしいやないの(-_-;))…

そして、その譜面はどちら(バンドかヴォーカル)が用意して、どちらがアレンジャーへの譜面の作成料を支払うのか?(もちろん、曲数が2曲、3曲と増えるとそれだけのコストがかかるワケで~....)


そういう諸々の事情で、ビッグバンドでヴォーカルを入れられるっちゅーことはよっぽどの恵まれた環境のところだと思うのですっ(>o<#)血圧上がるわ~
(あるバンドでは、昔、専属でいたヴォーカルが歌ってた時の譜面がそっくりそのまま置いてある(キーも何とか許容範囲)とか....既にある、バンド演奏用の譜面でOK(歌える)、とか....バンドマンの中にボランティアで(タダで)パート譜を書いてくれる人がいる....とか)

もちろん、ネーカだけの問題だけやあらへんっ!(なぜにネーカの話になると、大阪弁に?(^o^;))歌い手の技量もありますのやっ!(>o<)

自分もエンペラーや、いろんな音楽祭などで、ビッグバンドで歌う歌い手さんの歌を聞いてきたのでわかるのですが、どのジャンルのヴォーカルでも共通して言えるのは、みなさん、「パワーがある!」ちゅーことなんですっ!

....とかなんとか....

ま、なんやかやとエラそうにものゆうて来ましたが~_(^^;)ゞ

私がこないしてまたビッグバンドで歌わせていただくことになったんは、そんな諸々の難関を、私と、そして、「いつかヴォーカルを入れたい!」と言う熱意を持ったぼうふうりんのみなさん(かどうかは不明)で何とか乗り越えて来られたちゅーことなんですのや~~~\(^o^)/

(一番最初は、ぼうふうりんの『顧問』のトランペッターKさんがバンマスWさんにお願いしてくれはって、『押しかけ女房的』やったかと思うてますが~_(^^;)ゞスンマセンネー)


ですから、みなさん…

今度、どこかの音楽祭などで、たくさんのバンドが出演していたら、よくよく注意して見てみてくださいな(^o^)
(意外と、ビッグバンドにヴォーカルを入れているバンドが少ないことがおわかりになると思います。)

そして、もし、どこかのビッグバンドにヴォーカルが入っていたら…

そのヴォーカルさんも私のような激動の人生を送って来られた可能性大!....かも....(^o^;)それくらい大変なことなのよ~


そんなことを想像しながら、是非、この夏、いろんな音楽フェスティバルに足をお運びになってくださいませ~~(^o^)/


....と言うことで、やっと最後になりましたが、ビッグバンドぼうふうりん(ヴォーカル付き)は、7月28日『月形の夏祭り』、8月4日『Jozankei Jazz Town 2012』、11月24日『ぼうふうりんコンサート in 南幌』に出演しますので、みなさまのお越しをお待ちしておりま~す(^o^)/~~ほな、またね~


The end ....


あ~、感動の最終回やったな~(ToT)ホンマに~

ん?(・・;?)そうでもない?

なんでやっO(>O<#)O

あ、今日は最後の(月形と定山渓の)音合わせの日ですね~♪

ぼうふうりんのみなさん、よろしくね~(^o^)/
[PR]
by ururu1123 | 2012-07-22 10:35 | Comments(5)

1ヶ月がたち…

Kさんから「譜面が出来上がったから(^o^)」と連絡があり、同時に、M社長からのエンペラーのスケジュールの電話もかかってきました。

他のsingerのみなさんは、すすきのの他店のかけもちもしたりしているので、NGの曜日があるため、残りは全部入って欲しいと言われ、結局、週に3日エンペラーのステージ(1日2ステージ)に立つこととなりました。

(故に、どんどん曲を増やしていかないと同じ歌ばかりだと飽きられるので、最終的に、1年半後にエンペラーがクローズするまでに30曲以上の譜面を書いて頂きましたっ(^o^;))

初日は....5月末の週末だったと記憶しています。

いよいよ、その日....

私が、その2年半ほど前に数ヶ月間、郵便局でお世話になっていたとき(腸閉塞で救急車で運ばれ、緊急入院して死にかけたころ(^o^;)(2011年12月13日blog参照))に、いろいろとよくしてくださった職場の方が6、7人で聞きに来てくださいました(ToT)

私は、楽屋で仕度をしたあと、バンドマスター始め、バンドの皆さんの楽屋に挨拶に行き、ステージの裏でスタンバイして、『時』が来るのを静かに待っていました。

Kさんがそばに来て、

「なんも、いつも通り気楽に歌いなさい(^o^)/ハハハー」

と、言ってくださり、コチコチにこわばっていた私の体が少しほぐれました(^^;

そして....時間になり、ステージの深紅の幕が降りると、バンドさんたちが先にステージに上がり、私が最後に上がって、

「よろしくお願いします!m(__)m」

と、バンドのみなさんに挨拶をしました。

3月の『オーディション』のときはMDで歌ったので、この広いステージにポツンと1人でしたが、今日は12人のバンドマンと一緒…

私はあの時より緊張していた....(-_-;)

その時っ!

オープニングの音楽が演奏され、司会の女性(現『Pure』(私が今、歌いに行っているクラブ)のママ)が幕前でお客さまに

「皆さま〜、ようこそ〜〜(*^^*)」

と、挨拶され、そして、私の紹介をしてくださいました。

紹介が終わると、バンマスの歯切れのいいカウントと同時に、私の右隣の上段に座っていたKさんがスックと立ち上がり、反り返るほどの姿勢でトランペットを構えると、私の進行表の1曲目『アカシアの雨がやむとき』のイントロをソロで吹き始めたのです。

そのあまりの美しい音色に、これまでのいろいろいろいろなことが走馬灯のように脳裏に浮かんできて、万感の思いが込み上げ....

目を閉じると目頭がジーンと熱くなりました…

(この時の感動を私は一生忘れることはないと思います....(T-T))

まさか泣く訳にいかないので、こらえましたが、イントロの間に深紅の幕がゆっくりと上がり、私はスポットライトの当たるステージ中央に歩み出ると、一番前の客席に座っていらした郵便局のみなさんに気付いて少し微笑みかけて、頷きました。

(この2年後に、この方達の大声援『東京へ行け!行けったら行け!一度は行って来いっo(>O<)o』で、上京することになるのでした....(^o^;)運命調整局の方達?)


そして、これまで多くのみなさんに手を差しのべていただいたことへ、そして、ここまで導いて下さった神様に感謝して、深々とイントロが終わるまでの間、頭を垂れました....


to be continued ....


次回、感動の最終回!(ToT)

いや〜、ここまで来るのに長かった〜_(^^;)ゞぼうふうりんのみなさん、待たせたの〜

ってか、ちゃんと終わるかの〜(^o^;)『東京編』も始まったりして....
[PR]
by ururu1123 | 2012-07-20 00:28 | Comments(13)

4月半ばのある日、エンペラーの入っていたビル(A商事ビル)の2階の喫茶店で(今度はマックじゃなく(^^;)、BプロのM社長と話をしながらKさんが来られるのを待っていました。

(ここの喫茶店で3ヶ月前の1月にエンペラーのA社長と会って、『1枚の切符』を受け取ったなぁ....と、感慨にふけりながら....)


実を言うと、私は、ピアニストやベーシスト、ギタリストやドラマーと言う方々にはお会いした事があっても、トランペットの演奏者の方とお会いするのは生まれて初めてなので、何となく日野てる正さんみたいな方を想像していました....f(^^;

M社長が言われるには、

「Kさんは毎晩エンペラーで演奏する前にあちこちの楽器店でやっている教室でトランペットを教えていて、あまり時間がとれないから…」

とのことでした(・・;)ス,スミマセン〜


しばらくして…

店の入り口から中をのぞいている怪しげなおじさんがいました....

「なんや…色のメガネの怖そうなおっちゃん....ゲッソリと顔色も悪いし…そっちのスジの人ちゃうん?(-_-;)」

と、私が、チラチラ見ていると、M社長が私の視線が気になったのか、後ろを振り返ると…

「よう!Kさん!こっち、こっち!(^o^)/」

と、手を上げたのでしたっ(@_@)

私が、びっくりしてコーヒーを吹き出しそうになったのは言うまでもありません(^o^;)

慌てて、満面の笑顔をつくり、立ち上がってペコペコと頭を下げましたf(^^;ど、ど、ど〜も〜

M社長が

「どう?体調は?」

と、第一声にKさんに声をかけると

「えぇ…まぁ、何とかがんばってますよ、ハハハ!(^o^)」

と、Kさん....

私が???(・・;)と言う顔をしていると....

何でも、Kさんはその半年ほど前に胃がんで胃を全摘出した手術を受けたばかりだと言うのだ(@_@)

私は、

「どおりで、ゲッソリして顔色が良くないはずだよ〜(・・;)」

と、思ったのでした....
(何でも、このご病気で15キロは体重が落ちたそうです(>_<))


それから本題に入り、M社長が間をとりもって下さり、パート譜を10曲書いてくれないか、と、重ねてお願いして下さると、私も一緒に深々と頭を下げました。

すると、Kさんはこともなげに

「今、エンペラーの3人のsingerに譜面を頼まれてるのがあるから、1ヵ月くらいは時間がかかるけど、いいですよ。」

と、言ってくださったので、お忙しい上に、体調も万全ではないのに本当に申し訳ないな…と、思いました。

そして、譜面の作成料も他のsingerにもその値段にしているから…と、一般的な価格より安い値で書いてくださるとおっしゃったのでした(・・;)
(後で聞いた話では、他のsingerの方はKさんとは20年近いお付き合いのある方ばかりで、いわば『お友達価格』な訳だけれど、M社長が「酒井にもそうしてやってくれ」と頼んで下さったらしいのです(ToT)本当にこのご恩は忘れません〜)


あとで、アレンジのことで聞きたいことがあるかも知れないから連絡先を…と、言われ、お互いに電話番号等を交換しました。


そこでは、それで解散となりましたが、数日たって、Kさんから曲のことで聞きたいことがあるから、と呼び出され、狸小路の喫茶店で話をしました。

譜面の話が済んでから、お互いに時間があったので、やっとあれこれと自己紹介をすると....

な、なんと!

Kさんも釧路に10数年住んでいたことがあるらしく、KN高校を卒業後、すぐに釧路のA商事のキャバレー等で演奏の仕事を始め、A商事がすすきのにエンペラーを出店することになったときに、札幌に出て来られたのだそうなのですっ(@_@)

そして、こんな不思議なご縁もありました....

私が2〜4歳まで過ごしたところは、釧路市緑ヶ丘と言う町で、隣にゴルフ場(練習場?)があったのを覚えているのですが、その私が住んでいた家のすぐ隣にA商事の大豪邸があり、そこにBプロのM社長が東京からの歌手を釧路のキャバレーに連れて来たりしたときに、豪邸に歌手と泊まりに行ったりしていたそうなのです(@_@)

そして、その歌手が釧路の「銀の目」とかのA商事のキャバレーで歌っている時に、トランペッターKさんはバックでトランペットを吹いていた…と言うのですから…

本当に縁と言うのは不思議でたまりません(・・;)
(ちなみに、私が15か16歳の時に、日舞の何かの会の二次会でキャバレー「銀の目」に連れて行かれたことがありました(^o^;)
もしかしたら、店内にはM社長もKさんもおられたのかも知れません(^o^;))


Kさんも、M社長やエンペラーの歴史と同じく、音楽の全盛期をトランペット1本で生きて来られた方で(今でも!(@_@))、それこそ『ひばりさんと裕次郎さん以外の大物のバックはみんなやったよ!(^o^)』と言う(ここでは決して書けない(^^;)裏話も面白くて面白くて、その後もたくさんの裏話を何度も何時間聞いていても飽きませんでした(^o^;)

そして、

「5月半ばには書き上げるから(^o^)/」

と、約束してくださり、Kさんと別れました。

私は、譜面が出来るまでの約1ヶ月、仕事はヤマハの週1の教室のみでしたが、10曲のほとんどが新曲だった為、その練習に毎日を費やして、来るべき日に備え万全の状態へとモチベーションをあげていったのでありました....


to be continued ....
[PR]
by ururu1123 | 2012-07-18 19:11 | Comments(7)

さて、南国から、まだまだ『冬』の札幌に帰ってきた翌日からは、新年度の4月となりました(^o^)/心機一転っ!

4月からヤマハの「おとなの歌謡・ポップス教室」も始まり、チラシを見た「体験希望」の方々がけっこう集まって、滑り出しはまぁまぁ順調…という感じでした(^_^)


そして、沖縄巡業から帰ってきた報告をBプロモーションのM社長に電話ですると....

「譜面や、色々詳しい話し合いをしたいから喫茶店で会おう」

と言われ、

「うちの近くにおしゃれな喫茶店があるのですが、その隣にマクドナルドがあるので、そこを目印に来て頂いて…」

と言うと、

「あ、マックがあるの?じゃあ、マック!マックにしよう♪
俺、マックが好きなんだよ〜〜(^o^)」

と、おっしゃったので、60代の方にしては珍しい…と言うか、おもしろい方だな〜……(・・;)と、その時思いました…(^o^;)
(後日、ケンタも大好物!と言う事が判明)


M社長に会う前に、私も数少ないミュージシャンの友人にビッグバンドのパート譜のお願いをしてみたのですが、みなさん、

「ムリ、ムリ!書けないよ〜(-_-;)」

と、おっしゃる(・・;)

そこでも、まだまだ譜面に関しては無知な私は

「へ〜、ミュージシャンならみんなが書けるってわけじゃあないんだ〜(;o;)」

と、これまた驚いたのでした(^^; お恥ずかしい〜f(^^;


一緒にJazz bandを組んでいたピアノのM子さんの紹介で、毎日すすきのでエレクトーンを演奏していたOさんが

「友人にパート譜を書ける人がいて、しかもそんなに高くかからないから頼んでみるね(^_^)」

と、言ってくださったのですが…

数日後に返ってきた返事は、

「彼、今、忙しくて、とてもとても書けないって〜!ごめんね(>_<)」

と言う、がっかりなものでした(ToT)


数日後....

M社長と(なぜか)マックを食べながら、

「そんな残念な状況です…(-_-;)モグモグ」

と言う話をすると、M社長は、それはそれはおいしそうにマックを頬張りながら、

「じゃあ、今、エンペラーのビッグバンドで演奏している人で、譜面を書ける人がいるから、俺から頼んでみるよ。
OKが出たら3人で会おう(^o^)ムシャムシャ」

と、何ともありがたいことを言ってくださったのです〜(ToT) ビッグマックが泣けるほどおいち~

そして、選曲の話に触れ、

「一般的に、ああ言うホステスがいるキャバレーみたいなところは、祭や宴会でウケる『ど演歌系』よりも歌謡曲や懐メロの方が客ウケがいいんだよ。」

と、おっしゃるので、

「せっかくお金をかけて書いていただくのだから、ボツにならない選曲をしないと(-_-;)」

と思い、M社長に色々とご意見を聞くと、

「やっぱりテレサ・テンとかケイ・ウンスク、あとは流行りのみんな知ってる歌、『涙そうそう』とか高橋真梨子もいいんじゃない?
懐メロは…たとえば、西田佐知子の『アカシアの雨がやむとき』とか梓みちよの『二人でお酒を』とかね。
60~70歳くらい向けの選曲がいいと思うよ。」

と、いろいろと参考意見を聞きましたφ(..)フムフム〜


そして....

私は選曲に悩みに悩んだ末、とりあえずの10曲を選び、4月半ばに、音源のCDとキーを書いた紙などを持って、M社長と譜面を書いて下さる方と3人で喫茶店で会うことになったのです…

その譜面を書いてくださる事になる方と言うのが、その後も本当にいろいろいろいろと力を貸していただくこととなる、トランペッターKさんだったのでありました。


私が、2002年に福山から帰ってきて、何もないゼロの状態から、今でもこうして歌が歌えるところまで来れたのは、このM社長とKさん始め、本当に多くの方との出会いがあったからなのです…


to be continued ....
[PR]
by ururu1123 | 2012-07-17 00:11 | Comments(8)

この沖縄巡業の2ヶ月ほど前....

私の20数年来の友人で、年に何度も沖縄に行き、今回の格安航空券を手配してくれた旅行代理店を紹介して下さったTさんから、コンサートの誘いのメールがありました....

「知り合いと『夏川りみ&古謝美佐子のジョイントコンサート』に行こうと思ったけど、その人が急に行けなくなって....もし良かったらチケットを買ってもらえるかな〜?(>_<)」


私は、あまり興味のないコンサートならお断りをしたと思いますが、夏川りみさんは大好きな歌手で、『涙そうそう』は自分のレパートリーに入れていたので、是非聴きたいと思い、チケットを買うことにしました(^_^)

厳寒の札幌の1月に、沖縄の歌もあまり合わない感じもしましたが、そんなことも払拭させるくらい、初めて生で聴いたお二人の歌声に、ほんと〜〜に感動しました(ToT)


....その頃は、この沖縄巡業の話はまだまだ保留の状態だったのですが、りみさんが歌ったたくさんの曲の中で

「これだ!」

と、思う歌があり、早速手帳にメモしましたが、それは

『童神(わらびがみ)』

と言うタイトルの子守唄でした。

私は、早速、次の日にこのCDを買いに行って、『大和グチ(標準語)』と『ウチナーグチ』で入ってる歌のうち、沖縄の方言で歌っている『ウチナーグチ』の方を覚えようと、それから毎日何十回も聴きました。


そして....

沖縄巡業の話が具体的に決まって行くと、『涙そうそう』と、この『童神』を選曲の中にいれることにしたのでした(^o^)


話は沖縄に戻り....

祝賀会のステージもやっと始まり...


ステージが始まると、ざわざわしていた客席がシーンと静かになり、誰もおしゃべりせずに聴いていてくださったので....

あ、あれ??(・・;)

けんちゃんが『みんなざわざわしてあんまり聴いてないから気楽にやればいいさ〜(^o^)』」と、言っていたのに、急に何だか緊張してきました(^o^;)

「みなさーん、ハイタイ(こんにちは)(^o^)/」

と、沖縄のあいさつで始めたMCのときもあまりにみなさんがシーンと、何を私が話すかを興味しんしんで聴いていらした様子なので、最初は雰囲気を『つかむ』のにいつも以上にあれこれと気を使いました〜f(^^;

なんせ、沖縄の割烹の25周年に

「なんでわざわざ北海道から???(・・;)」

みたいに不思議に思っているのが、みなさんの顔にありありと書いていたのでした(^_^;)

私は、今回、こうして歌わせていただくこととなったいきさつ....

言わば、「けんちゃんとのなれ初め」をみなさんに話し、

「できれば沖縄に嫁に来たいですー!(^o^)/」(今で言う「婚活」しに来た)

みたいな話を冗談まじりにすると、だんだんと笑いをとれるようになり、ヨシヨシ「つかみ」はOK!となったころに....

「一生懸命、沖縄の言葉も勉強してきました!
大好きな夏川りみさんのコンサートもこの日のために?行って、曲を覚えて来ました(^o^)」

と、ちょっと大げさに言いながら、先述の夏川りみさんの『童神』をウチナーグチで、そして『涙そうそう』を歌うと、一番前の席に座っていらした方が

「発音がいい!あんた、いつでも沖縄に嫁に来れる!」

と褒めてくださり、また会場の笑いを誘いました(^_^;


最後は自分のオリジナル曲、そして、アンコールと、約1時間のステージの間、最後までお客様は笑顔で聴いてくださいました(^o^)

そして、「歌謡ショー」を終えると、関西のオモロイ板長がマイクを奪って

「みなさん、今一度、酒井理恵さんに盛大な拍手〜〜〜!
みんな、CD買ったってや〜〜!!(^o^)/」

と、宣伝してくださったので、私はお言葉に甘えて、CDの入った袋を持って客席を回らせていただくと、ほとんどの方が既に1000円札を手にして待っていてくださり、中には、

「おーい!こっち、こっち〜(^o^)/早く〜」

と、手招きして呼んでくださり、何だかんだと話しかけてくださって…

ナ、ナ、ナント!(@_@)

札幌から追加で送ってもらったCD100枚は完売、そして、パーティの2日前にボクサーN選手のお父さんの板長Nさんが言ってくださった通り、20枚をNさんがお買い上げくださり、本当に1枚も残ることなくCDは完売したのでしたっ(@_@)

そのあと、もう一度、客席を回ってみなさん一人一人にお礼を言ったり、記念撮影などをしたあと、私はもう倒れそうなくらいの疲れがドッと出て、

「とにかく、着物を脱ぎにホテルに一度戻るね〜(^o^;)」

と、けんちゃんに伝え、ホテルの同室の千葉から来たTちゃんと2人でホテルに戻ったのでした....


汗でびっしょりになった着物をハンガーにかけ、そのままベッドに倒れこむと寝返りをうつことも出来ないくらいに、身体が鉛のように固まって動かなくなってしまいました....

木曜日からの疲れ、この日曜の一日の緊張がいっぺんにドッと出て、もうシャワーを浴びに起き上がることも出来なくなってしまっていました。

そのうち....けんちゃんからTちゃんに

「Tちゃん、理恵ちゃん、二次会に行くから、早くおいで!何やってるのさー?(>O<)」

と、何度も何度も電話がありましたが、さすがの私もそんなエネルギーは残っていませんでした(>_<)(きっと、二次会でも歌わされるでしょうし(^o^;))

Tちゃんは気を使ってくれて、

「けんちゃん!理恵ちゃんはもうステージで歌って疲れてるから、もう行かないから!ダメ!もうダメ!」

と、名マネージャーぶりを発揮してくれましたが、電話の向こうでけんちゃんが

「Tちゃんがそんなこと言うことない!(>O<#)いいから来なさい!」

と、大きな声で言っているのが、聞こえましたが、私はだんだんと気が遠くなり、髪のセットもメイクもそのままに深い眠りに落ちてしまったのでした....


こうして、私は沖縄巡業も無事に終えて、行きは

「エンペラーの譜面をどうしよう〜〜(ToT)」

と、くよくよと悩んでいたことがウソのように、帰りは沖縄の空のような晴れ晴れとした気持ちでいたのでした(^o^)

「これで何とか(全額工面できる、とは言わないまでも)貯金を足したりして、初期投資(譜面代等)がペイ出来る見通しができた〜(ToT)」

と、帰ってからの生活に明るい希望を持った私を乗せた銀色の翼は、エメラルドグリーンの光り輝く美ら海(ちゅらうみ)を眼下に、まだ雪の残る北国へと飛び立ったのでした....


to be continued ....


それから半年くらい後、私の以前からの(那覇市の)知り合いから電話があり、

「いや〜、この前、M町に行ったらさー、あんた、すっかり有名人になってたさ〜(・・;)」

と、言われ、思わず苦笑してしまった私だったさ〜〜〜 _(^^;)ゞ みなさ~ん、ニフェーデービル(ありがと〜)
[PR]
by ururu1123 | 2012-07-15 16:10 | Comments(4)