続々.神在祭

海岸線の道路に出ると…

あちらこちらの道(出雲大社に続く道)から人が出てきて、あっと言う間に大行列になり、なかなか進まなくなりました…

夜7時から始まる神迎神事のために、2時間前から出雲大社を出ましたが、たった15分くらいで行ける稲佐の浜に4,50分かかりました(;^_^A

やっと、浜に降りる入り口に着くと、1人1本ずつ御幣をいただきました。

ここからむしろの上は神様の通り道なので、人間が通ってはいけません(^◇^;)
d0107097_10313895.jpeg
御幣は神事に参加したと言う証になり、あとで神様が出雲大社に到着した際に神楽殿で行われる神迎祭に、これを持っていれば入ることができるのだそう…
(実際は、人数が多過ぎて神楽殿に入れませんでした(ToT))

浜に降りると、すでに数百人もの人が集まっていましたΣ(゚д゚lll)

私は最前列に陣取り、八百万の神様が通るのを間近に見られるようにしました(≧∇≦)

1時間くらい前から、神事が行われる海辺に火が焚かれました。
d0107097_10513713.jpeg
そして、神職がやって来て、いよいよクライマックスが近くなってきました☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

浜にはいつの間にか、数千人と思われる人々が集まって、八百万の神様をお迎えするのを今か今かと待っていました。
d0107097_10532222.jpeg
神迎神事の様子は写せなかったので、他のサイトから転載しました(;^_^A説明付きです
d0107097_10544041.png
d0107097_10545892.jpeg
d0107097_10551350.jpeg
神職の祝詞が奏上され、八百万の神様が海から来られると、私たちの前を通って出雲大社の神楽殿へと向かわれました。

前を通る際に、御幣を両手に持って祈願して下さいと、説明が前もってあったので、お願いをしようと思っていましたが…

明かりが消されて真っ暗な中、数千人いる浜がシーンとなり、神職の足音だけが微かに聞こえ…

あまりに荘厳な雰囲気に感動して、ただただ無心になり、神々を白い布で囲った神職の隊列をボーッと眺めていただけでしたが、通り過ぎたとき、誰かのカメラのシャッター音で我に返って、慌てて祈願しました(^◇^;)

どんな内容かは、シークレットです(≧∇≦)


神在祭の旅…

なんだか、不思議でした…

どうして、ここに自分はいるんだろう…

きっと、きっと、神々に呼ばれたに違いない…

みなさんも是非、日ごろから神様に会いたいと強く念じていれば、来年の神在祭に呼ばれるかも知れませんよ〜(≧∇≦)



[PR]
by ururu1123 | 2015-11-29 11:10 | Comments(0)

続.神在祭

11/21…

出雲大社の神様、大国主大神に呼ばれて出雲の国へ参った私は…

先ずは、有名な出雲そばの店、荒木屋で腹ごしらえをしました(;^_^A腹が減っては参拝できぬ〜
d0107097_14191075.jpeg
d0107097_14194936.jpeg
美空ひばりさんも来たんや!Σ(゚д゚lll)ほー
d0107097_14202668.jpeg
夜7時に稲佐の浜で、八百万の神々を迎える神迎神事が行われるので…

食後、15分くらい歩いて下見に行きました。
d0107097_14312113.jpeg
海から八百万の神々がやって来られるそうな…

まだまだ時間があるので、先ずは参拝をしに出雲大社へ(;^_^A
d0107097_14340135.jpeg
八百万の神々がお泊まりになる十九社
d0107097_15120916.jpeg
本殿
d0107097_14472617.jpeg
どっかのサイトから転載しました(;^_^A
d0107097_14510545.jpeg
1時間近くをかけて、大小たくさんのお社を参拝しました(;^_^A

そして、おみくじを引き、御守りを購入!(≧∇≦)

縁結びの御守りと幸せの鈴、そして、リエママへ長寿御守りを(*^^*)
d0107097_14555005.jpeg
神迎神事には、何千人もの人が稲佐の浜に集まるそうなので、5時頃から再び浜に向かいました…

余談ですが、出雲大社のすぐ近くには、弟夫婦が結婚式を出雲大社で挙げた際に、親族で披露宴をして宿泊した旅館「竹野屋」さんがあります(^◇^;)なつかしー
d0107097_14374040.jpeg
ちなみに、竹野屋さんは、竹内まりやさんの実家です(*^^*)


いよいよ!

今回の旅のメインイベント、神迎神事が始まります…


to be continued…



[PR]
by ururu1123 | 2015-11-28 15:00 | Comments(0)

神在祭

結論を言えば…

パリ旅行は、神のご加護?によりキャンセルすることになり…

代わりと言ってはなんですが…

誕生日の11/23のあたりの連休に旅に出て来ました(*^^*)

場所は、島根県出雲大社!

これもちょっと不思議な話です…

事の発端は…

今年の11/21から1週間は、全国の八百万(やおよろず)の神様が出雲大社に集まって会議を開く「神在月」(陰暦10月)と言われる月にあり、出雲大社では「神在祭」と言う神事が開催されると、本などで知ったのは夏ころでした…
(しかも、今年は60年に一度のおかげ年の最後の年だそう)

え〜〜、行ってみたいな〜〜(^O^)

でも…

毎年11/23辺りはぼうふうりんのコンサートがあったため、本来なら行けないはずでした…

ところが!

会場がとれなかったためか、コンサートが12/20に延期になり…

その後、ビッグバンドの刑務所慰問が11/22と言われましたが、これも1月に延期…

ANAマイルも貯まり、往復タダで行ける…
(これ大事(;^_^A)

パリ旅行もキャンセルし、11/21がアカデミーが休みで、仕事の都合もついたことから…

これは、出雲大社に行っておいでと言うことだわね!(≧∇≦)
(パリ旅行のときと逆パターン(;^_^A)

急きょ、私は八百万の神々が会議を開く出雲大社へと、日ごろのお礼参りに向かったのでありました…
d0107097_11190075.jpeg
札幌ー岡山ではありましたが、マイルチケットも取れたのでした(^o^)


to be continued…



[PR]
by ururu1123 | 2015-11-27 11:15 | Comments(0)

リエママに電話でいろいろ報告した翌日…

アカデミーの初日でした(;^_^A

前夜はやはり、深夜まで仕事だったため寝不足でしたが、緊張していたので、頭はスカッと冴えていました。

1時間近く早くアカデミーに着いてしまって、待合いでテキストの1ページ目から予習をすることにしました(^◇^;)

40分くらい経って、生徒さんとおぼしき女性が1人来ました…

どう見ても、60台の方でした(^◇^;)えー

「今日から入ります。宜しくお願いしますm(__)m」

と、挨拶しましたが、何となくスルーされました(;^_^A

そして、次々と生徒さんがやって来て、待合いはいっぱいになりましたが、ほとんどがアラフォーのビジネスウーマンな女性の感じで、それがまた一層緊張感を増しました(^◇^;)

みなさん、前回の授業で出された課題か何かメチャメチャ高度な内容のことを必死な感じで話していました…

そして、初級クラスが終わり、中級の私たちのクラスが始まりました。

2人が並んで座る机が7つあり、私は居眠りしないように前から2列目に座り、隣に座った生徒さんにコソコソと自己紹介をしました…

その時!

さっきの初級クラスも教えていたと見られる、教壇で書き物をしていた講師の女性が、

「時間になったら自己紹介をしてもらいますから、今はしなくていいです!」

と、よく通る声で私におっしゃいました!Σ(゚д゚lll)

私は、ドヒャー!って感じで小さくなっていると…

キンコンカンコン〜〜〜〜♫

と、始業の音楽が流れてきました。

「みなさん、おはようございます。
今日でクラスが定員の14名になりましたね。
それでは、新しい方に自己紹介してもらいますので…
前に出て、みんなの前で自己紹介してください。」

ドヒャーΣ(゚д゚lll)

私は、ドギマギしながら、

「え、え、英語でですか?それとも日本語で?(^◇^;)

と、尋ねると、

「Both are OK.(どちらでも)

と、返ってきました…

私はキンチョーしながら、先輩たちの前で自己紹介することになりました…


to be continued…



[PR]
by ururu1123 | 2015-11-26 10:20 | Comments(0)

入校の手続きをした夜…

私はリエママに電話をかけました…

リエママは、長いこと自律神経失調症のため、すっかり体調を崩してしまっていた私の身を案じ、深夜の仕事から離れることを心から喜んでくれていました…

「そうそう、そう言えばパリ旅行の件ね…
キャンセルした訳じゃないのに、1人分の計算書が届かないのよ〜!
もう1週間以上も経つのにからー!(ーー;#)」

と、私は思い出してブリブリと怒りました。

パリ旅行を半分あきらめたとはいえ…

なんとなく、モンサンミッシェルにまだ未練があった…

せめて、旅程表を見て、

「あ〜、こんなキッツいスケジュールじゃあ、全然楽しめへん〜>_<
やめた、や〜め〜た〜!(ーー;)」

と、きれいさっぱり未練をなくしたかったのです

私が、計算書が届かないことに愚痴を言っていると、リエママは思いついたように、電話の向こうから大きな声で言いました…

「それって、パリに行くなってことだわ!」

私は、一瞬沈黙して、プッと笑おうかと思いましたが…

普段、リエママはそういうスピリチュアルなことは「バカバカしい、単に旅行会社が送り忘れてるだけだわよ」と、逆に信じない方なのですが…

そんなリエママが真剣な声でそんなことを言うなんて…と、なんだか不思議に思い…

「そっか…きっとそうね…
パリには行くなってことかもね…うん…

と、リエママの言葉を繰り返しました…

私は、エージェントが計算書を送り忘れたのかも知れなくても、もうパリ旅行のことは気に留めないことにしました…

その日以来、不思議とパリ旅行には未練がなくなったのでした…


to be continued…



[PR]
by ururu1123 | 2015-11-24 07:50 | Comments(0)

アカデミーに着くと…

待合に通され、代表の男性が何枚もの書類を持って、テーブルをはさんで向かいの席に座りました。

私は早速、ウェブで見た詳細をさらに細々と質問し、一つ一つ確認をして納得すると、銀行の封筒からお金を出しました…

すると、代表の男性が、「体験レッスンを受けなくていいのですか?」と聞いて来られたので、私は「けっこうです(^_^)」と断りました…

クラスに1席だけ空きがあったのは、神様が私のために用意して下さった席なのだから、体験レッスンなど必要なかった…

ただ、なぜこの中級のクラスを選んだのか聞かれたとき、じつは午前11時半から…とちょうどいい時間帯で(初級クラスは9時半からで早過ぎ、夜のクラスも仕事があるためNG)、長いこと英会話も続けて来たので、初級クラスじゃなくてもついて行けるだろう…と、軽く考えていたのですが…

それが甘かった!
(「英語初心者じゃないと思うので〜(;^_^A」と、答えたときの代表の一瞬の沈黙が気になりました(^◇^;))

全ての手続きを終え、私は、授業で使う指定されたテキストを買いに、近くの書店に向かいました…

途中、旅行代理店の広告看板を見つけ、ふと思い出しました…

「そう言えば…パリ旅行の1人分の計算書が届かんな〜〜???」

そのとき、旅行代理店のエージェントに電話をかけてから1週間が経っていました…


to be continued…



[PR]
by ururu1123 | 2015-11-22 08:55 | Comments(0)

続々々々.幻のパリ旅行

Sちゃんからのメールにはこう書かれていました…

「…………………
勉強会みたいなものがあったかな、国際プラザで何かあるかもしれません。機会があったら聞いてみますね。
私はスキルをキープするために◯◯アカデミーという学校に通っているのですが、いろいろなコースがあって、案内士を目指している人がたくさん来ています。たまに代講で教えることもあるのですが、仲間と一緒に勉強する、というのがいいモチベーションになるみたいです。
私は通訳ガイドの仕事はしていないのですが、需要が多いみたいで忙しくしている人がたくさんいるみたいですよ
云々………………」

な、な、なんと!

私はSちゃんのメールを読んで、ハンマーで頭を殴られたくらいの衝撃を受けた!

スキルアップのためにアカデミーに通っている…ですって?

同時通訳者であり、大学の講師をされているSちゃんが?
生徒として、スキルアップのために学校に勉強しに行ってるだなんて!

私は、これまでの自分の生き方が恥ずかしくなった…

私はすぐに、◯◯アカデミーをウェブで調べ、いろいろなクラスの授業内容や時間、入学金や授業料などを確認すると、資料請求のメールを送りました…

そして、またいろいろ読み直すと、10月から後期のクラスが始まったばかりのようで、その日の2日後に、私が希望するクラスの2回目の授業があるみたいだった…

嬉しいことに、生徒さんとかの紹介者がいた場合、入学金が免除になるらしい!(≧∇≦)

しかも、都合で授業を休んでしまう場合、翌週の違う曜日のクラスに振り替えることが可能らしい!

なんと、良心的な学校!

私は、またアカデミーにメールをして、Sちゃんの紹介なことを書いた上で、その希望のクラスに空きがあるかどうか、を問い合わせてみました…

夜だったので、返信は朝まで待ちました…

私は、Sちゃんが通っていて、通訳案内士を目指している方達が通う学校なら、いい加減なカルチャースクールではないだろう…と確信して、ほぼ100%、入校する気でいました。
(授業料が高くないのも決定打でした)

祈るような気持ちで、空きがあることを願っていると、朝9時過ぎにメールが来ました!

「お問い合わせありがとうございます。
ご希望のクラスですが、定員14名で、現在、1席だけ空きがあります。
体験レッスンも可能ですので、ご検討下さい。
詳しい資料を郵送させていただきます。」

1席だけ、1席だけ空きがあった!

私は、次の日の授業を受けるために、

「資料は結構です。
これから、詳細を聞きにそちらに伺います。」

とだけメールをすると、銀行の定期預金通帳と印鑑をカバンに入れ、出かけました!

そのお金は、パリ旅行で使おうと思っていたお金でした…


to be continued…



[PR]
by ururu1123 | 2015-11-20 09:55 | Comments(0)

続々々.幻のパリ旅行

何度も煩わしい電話をかけたにもかかわらず、エージェントは快く、1人分の計算書を作り直して再送してくれる…とのこと。

私は、リエママが行けなくなって、楽しみが半減したものの、パスポートの期限やユーロの変動をチェックしたりして、準備を始めました。

この旅行はどうしても行きたかった…

パスポートを見ると…前回、リエママとイタリアに珍道中したのが、7年前…

2008年9月でした…

旅行中にリーマンショックが勃発!

帰国すると、福田首相から麻生首相の内閣に変わっていた!Σ(゚д゚lll)

日経平均株価はあれよあれよと言う間に半値にまで下がり、日本経済はその後5年はどん底の氷河期に突入した…

東京の武者修行から札幌に帰って来た私は、この7年半をかけて崖をよじ登って来た…

そう…一夜にして人の運命も回り舞台のように変わってしまうものなのだ…

行きたい!と思うところには、行けるうちに行こう!
この先、またどんな荒波が待っているかわからない…

そして、ふと、カレンダーに記入してある、あることに目が留まりました…

帰国して4日後に、英語検定2級を受け直す予定でいたのです…

あー、時差ボケの中の受験か〜〜(^◇^;)大丈夫かな

実は…

今年は1年、K年期障害などですっかり体調を崩してしまった私は、しばらく深夜の仕事からは離れることに決めたのですが…

前々からblogにも書いたことがある通りに、2017札幌・冬季アジア大会や、2020東京オリンピックで通訳をしたい!と言う夢を実現させたいと、強く思い始めていたのです…

でも、それを実現させるには、具体的にどうしたらいいのか…

私は、パリ旅行から帰ってきたらすぐに気持ちを切り替えて、その為の準備を始めなくては…
と、急にパリから帰って来てからのことを考え出しました。

そして、しばらく連絡を取り合っていなかった、中学校、高校時代のクラスメイトだったSちゃんのことをふと思い出しました…

Sちゃんは、イギリス留学等の経験を経て、札幌の医学学会などで同時通訳をしながら、大学でも教鞭をとる医療通訳士のエキスパートとして活躍されている、尊敬すべき女性なのです。

学生時代は私の方が若干、英語の成績が良かっただけに、いかに大学から怠けたかが露呈されて恥ずかしかったのですが…(^◇^;)

恥を忍んで、2年振りにSちゃんにメッセージを送りました…

「Sちゃん、お久しぶりです!(^o^)/
実は、最近、アジア大会や東京オリンピックの通訳をやりたいのがきっかけで、通訳案内士の国家資格を取ろうと漠然と思っているのですが〜(;^_^A
どんな風に勉強したらいいかしら〜〜
受験生向けの研修などありましたら、詳細を教えて下さい〜m(__)m」

程なく…

Sちゃんから返信がありました…


to be continued…



[PR]
by ururu1123 | 2015-11-19 09:35 | Comments(0)

続々.幻のパリ旅行

旅行会社のエージェントに、モンサンミッシェルでの詳細を電話で確認すると…

やはり、2時間しかとれない為、お母様がゆっくり見学するのは難しいかもしれません

とのこと…

あー、格安なはずだわよ〜〜。・°°・(>_<)・°°・。

モンサンミッシェルでゆっくりできなきゃ意味ないやん〜〜。・°°・(>O<)・°°・。

一度電話を切り…

暗く沈んだ声で、リエママに電話をかけて報告すると…

「やだやだやだやだやだ!
団体で移動して、せっつかれながら歩くなんて!>_<
私だけ遅れて、みんなに迷惑かけるのが目に見えてるわよ〜(ーー;)」

私は、それ以上リエママを説得することは出来ませんでした…

「え〜〜〜〜〜〜〜〜っ、やめるの〜〜〜〜〜〜?(ToT)」

私は未練たらたらの声で駄々をこねた…

無理だとわかっていながら…

すると、リエママもだんだん激昂してきて…

「あなた1人で行ってらっしゃいよ!
今しか行けないなら!
どうしても行きたいんでしょう?」

うっ…(^◇^;))))

母娘で行くのが目的の旅なのに…

でも、でも、こどものころからの憧れだったモンサンミッシェルとパリ…

落胆しながらも、1人で行くことで再考してみることにしました…

私は次の日、またも、エージェントに電話をかけて、母が行けないことを伝え、1人の場合の計算書(1人の場合、若干高くなる)を再送付してもらうようにお願いをしました…

1月半ばの日程なので、まだまだ時間があるね…

その時、10月半ばになっていました…


to be continued…




[PR]
by ururu1123 | 2015-11-17 16:30 | Comments(0)

続.幻のパリ旅行

「えーっ!フランス〜〜⁈
飛行機に十何時間も乗るのは、もうしんどいわよ〜〜>_<
四国の金比羅さんとかでいいんだけど(;^_^A」

と、電話の向こうでリエママは不平を言っていました…

「えーー!だって、四国も10万円くらいはかかるじゃーん(^◇^;)
こんなに安くフランスなんて行けないし〜>_<
それに、子どものころからモンサンミッシェルは絶対行きたかったのよ〜(ToT)」

実は、小学生の頃に何度も観たお気に入りの映画が、モンサンミッシェルとパリが舞台の映画で、憧れを抱いていて、ずっとずっとずっと行きたかった場所なのでした…

私はリエママを説得した!

通路側に座って時々立って歩き回れば、エコノミー症候群にもならないし…(^◇^;)

それに…

今を逃したら、もう二度と一緒にフランスなんて行けないー。・°°・O(>o<)O・°°・。

次の日…

旅行会社に電話をかけ、詳しい日程表と計算書を送ってもらうようにお願いしました…

書類は書留で3日後には届いたのですが…

よくよく読むと、旅程の中で、モンサンミッシェルでの時間が2時間しかないことに気づきました!Σ(゚д゚lll)

前にテレビでモンサンミッシェルの特集をしているのを観たのですが、潮の引いた海を歩いてモンサンミッシェルまで渡るため、昔は、間に合わずに潮が満ちて来て、溺れてしまった巡礼者もたくさんいたのだとか…

潮の流れがものすごく速く、「ちゃんと計算して渡らんと溺れてまうわ!Σ(゚д゚lll)」と、ゾッとしながら潮の満ち引きの様子を見ていました。

私は、足腰が弱くなって、ゆっくりしか歩けないリエママがモンサンミッシェルの手前で溺れちゃかなわん(私まで道づれは御免だわ(^◇^;))…と、急に焦り…

詳細を聞くために、日程表を手に旅行会社に再び電話をかけました…


to be continued…



[PR]
by ururu1123 | 2015-11-16 12:20 | Comments(0)