今でしょー(≧∇≦)

やっと春が来たわ〜(*^^*)

と、思っていたら…

大雪になったり❗️

どさんこの多くが「雪はもうウンザリ(ーー;)」と思う気もわからないではありませんが…(^◇^;)

週間天気予報を見ると…

d0107097_15595542.jpeg

もーう、さすがに積もるほどの雪は降らないでしょう(;^_^A

なので…

今だ❗️

タイヤ交換〜〜〜〜☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

これが終われば、本当に春を感じますね〜(o^^o)




[PR]
by ururu1123 | 2016-03-31 16:55 | Comments(0)

その後…

通訳のアカデミーに入校することになったいきさつは、去年の11月に書いた「幻のパリ旅行」をお読みください(≧∇≦)

アカデミーで、キビシ〜〜イY先生の元でしごかれて、やや半年が過ぎ…

やっといじめられ慣れ?してきたかな〜と思えた頃…

Y先生は大変お忙しい方故、時々外国人講師や他の通訳の講師の代講になることがあるのですが…

2月の終わりに…

3月の受講スケジュールを見ると…

な、な、な、なんと‼️

Sちゃんが代講する日があったのです‼️Σ(゚д゚lll)

今までも、他のクラスの代講の講師にSちゃんの名前が載っていたので、

「もーしーかーしーたーら、いーつーかーは〜〜(^◇^;)」

と、恐れていたのでした…

Sちゃんが代講で来られる日まで、私はいつにも増して猛勉強して、テキストの予習をしました💦💦

そして、約30年の時を経て…

ついに❗️

Sちゃんと私が同じ「学びの場」で再会する日が来たのです…

「先生」と「生徒」と言う立場で…


to be continued…




[PR]
by ururu1123 | 2016-03-29 12:20 | Comments(0)

実は、Sちゃんとコストコで会ってから…

通訳と言う職業について詳しいことを知らなかった私は、興味が出てきて、ネットで調べたり、本屋に行って「通訳案内士」と言う初めて耳にする資格の問題集をパラパラとめくって見てみたのですが…

地理、日本史、一般常識の難問題をチラッと見ただけで、

「英語が1級レベルの他にこれもやるんかい⁉️Σ(゚д゚lll)」

「仕事しながら、こんなんできますかい(^◇^;)やめた、や〜め〜た💦」

と、あっさりと夢を諦めてしまったのでした…


それからまた、時は流れ…

近くなった東京オリンピック、札幌の冬季アジア大会、そして、円安で訪れる外国人観光客がどんどん増えていき、マスコミなどでも「通訳が足りない」と言うことがよく取りざたされて来ました…

そんな頃に、深夜2時3時まで毎晩ススキノ勤務していた私は、K年期障害に突入したこともあって、体調を崩してしまいました…

1年何カ月もめまいと吐き気が続き、深夜の仕事にDr.ストップがかかってしまったのです…

もう若くはないと、嘆いていても仕方がない…

当然のように、他に道を探さないといけないわけで…

そんな中で、オリンピックなどでボランティア通訳をやりたい、と思えたことは一筋の光明となり、年を重ねても歌と両立させられる仕事をと思っていた私にとっては「ロッキーのテーマ曲」が流れてくるかのごとく、希望の光となっていったのでした…


to be continued…




[PR]
by ururu1123 | 2016-03-26 15:50 | Comments(0)

春はまだまだ(^◇^;)

東京では桜が開花したそうで…

3シーズン履いたブーツも、もうボロになったし、捨てようかな〜

そろそろ、車のタイヤも交換しようかな〜

などと考えていたら…

昨日の夜、雪がドサドサと降っていたーΣ(゚д゚lll)10cmは積もっとる❗️

こりゃ、タイヤ交換も衣替えもまだまだ先やね(;^_^A

d0107097_12080741.jpeg



[PR]
by ururu1123 | 2016-03-24 12:05 | Comments(0)

毎年3月いっぱいで期限が切れる…

とくとく健診❗️

札幌市の国保に加入している40歳以上の市民が受けられる特定健診です。

名前の通りお得な健診なので、受けない手はない‼️

何年か前に仕事中に電話があり、

「とくとく健診の血液検査の結果ですが、肝機能の数値が異常値です❗️
肝炎の疑いありですから、すぐに来院してください‼️」

と、言われたこともあり…(^◇^;)
(結局、漢方のサプリのアレルギーだったようです💦)

毎年ムダにせずに受けることにしています(;^_^A

数日前に血液検査の結果を聞きに行くと…

成績はオール5❗️Σ(゚д゚lll)

なーんにも異常なし❗️(≧∇≦)

Dr.が言われるには…

「血液がサラサラすぎる感じですね〜」

サラサラで悪いことなんてないのでしょうが、

「へー、なんでじゃろ❓」

と、最近の食生活など思い出してみると…

あー、玉ねぎだわ‼️Σ(゚д゚lll)


実は、正月に釧路に帰ったとき…

さぁ、もう寝ましょうか…と言う頃になって、リエママがキッチンで何やら刻んでいる音が…

見ると…大量の玉ねぎの千切り❗️Σ(゚д゚lll)はー⁉️

そう言えば、食事の度に生野菜のサラダが出るのですが、入っている千切りの玉ねぎが全然辛くないのです…

あー、なるほど‼️

寝る前に玉ねぎの千切りを水にさらして、次の日に食べるのね(;^_^A

それ以来…

私もリエママを見習って、札幌に帰ってから、毎晩寝る前に玉ねぎを千切りにして水にさらし、次の日にムシャムシャ食べるのを習慣にしていたのでした…
(ワインのつまみに生ハムと玉ねぎとか(≧∇≦))

きっと、血液サラサラはそれの効果だと思います(^o^)

それと、水(アルカリ水)を1日2リットル以上飲むのも効果ありかも(*^^*)

玉ねぎは安いですからね〜、みなさん、健康のためにたくさん食べましょう(≧∇≦)血液サラッサラッ〜




[PR]
by ururu1123 | 2016-03-23 17:50 | Comments(0)

Facebookでつながった私たちは…

よく集まっては、タイムスリップしたかのように、学生時代に戻って楽しい時を過ごしていました…

20数年も経っているのに、案外みんな変わってなくて嬉しかった(特に女子)。

友達のナタちゃんがコストコの会員だったこともあり、2人まで同伴OKなので、よく同期の3人でコストコでプチ同窓会をしました(;^_^A

そして、ついに❗️

Sちゃんとも再会することになりました‼️

ナタちゃんとSちゃんでコストコへ行き、買い物をしたあと、安くて美味しいので有名なホットドッグを食べながら、休憩スペースでクラス会をしました(*^^*)

Sちゃんは、東京の某女子大英文科を卒業したあとイギリスに留学したり、ご主人のお仕事でまたイギリスに行ったりで、計4年間イギリスに住んだらしいのです(ToT)あー、うらやましい💦

お子さんがいないという点では私と同じなのですが、私とは違い、大学時代も卒業してからも一途に通訳を目指して邁進して頑張ったのでしょう…

いや、私は私で、何も怠惰に生きてきた訳じゃない❗️

過去の経験のどれをとっても私にとっては宝物で、「あれはムダだったー>_<」などとはかけらも思っていないのです。

そう自分に言い聞かせました…

Sちゃんとは、お互いに忙しく、コストコ以来パッタリと会わなくなりましたが、私の心の中には、

「もっとちゃんと、また英語で上を目指そうかな〜(;^_^A」

という気持ちがムクムクと湧いてきたのでした…


to be continued…




[PR]
by ururu1123 | 2016-03-21 12:05 | Comments(3)

今日でクラスが終わって、来月からまた新しいコースになります(^o^)/

半年経って、多少は前進しているかとは思いますが…(;^_^A

今日は、夜の約束まで時間があったので、

「そうだ❗️
今年に入って、豊川稲荷に参拝してなかったからちょっと寄ってみようかな(≧∇≦)」

と、30分てくてくと歩いて、誰も参拝客のいない豊川稲荷で、ゆっくりと近況報告をしました。

いろいろ決意表明をして、パンパンと手をたたき…

モチベーションの高いまま、勉強をしにスタバへ…

マイボトルを出して、いつもの(一番安い)レギュラーコーヒーSを注文して会計すると…

ナ、ナ、ナ、ナント‼️

お好きなドリンク一杯無料のレシートが出たとのこと‼️Σ(゚д゚lll)

5,6年、毎週通っているけど、そんなレシート出たことあらへん〜〜☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

早速、コーヒーの他に、アプリコットハニーソイクリームフラペチーノのトールサイズを頂いちゃいました(≧∇≦)

d0107097_15313386.jpeg

ちょっと調べてみると、こんなことが書かれていた‼️Σ(゚д゚lll)へー、1日1人やそこら❗️

d0107097_15314732.png


豊川稲荷の神様が

「頑張りなさいよ❗️(^o^)/」

と、言って下さっている気がして、なんだか嬉しかった(*^^*)



[PR]
by ururu1123 | 2016-03-19 15:30 | Comments(0)

続々々々.Sちゃん先生

向き不向きはあるにしても…

好きなことで、諦めずにコツコツと地道に努力を続けていけば…

必ず❗️

「ある程度」までは芽が出るはず‼️
(その先は、才能と運ね(;^_^A)

そして、真面目に努力して生きていけば、大きな不幸に見舞われることはないはず。

と言うのが、私のそれまでの持論でした…

そう…

東日本の大震災が起こるまでは…

でも、震災で、それまで真面目にコツコツ働いて来た人々が家も家族も仕事も、何もかも失ってしまった現実を目の当たりにして…

私は、ポジティブに考えることが出来なくなってしまい…

しばらく、鬱状態が続いていたのですが…

Facebookにメッセージをくれた高校時代の同級生が縁で、20数年ぶりにたくさんの中学、高校時代のクラスメイトとつながり…

やっと、真っ暗なトンネルにいた状態から抜け出すことが出来たのでした…

友達の温かい言葉や励ましの言葉が胸に沁みて、またポジティブに前に進もうと立ち上がれました…

と同時に、学生時代の友達が、時を超えて、どんな職業人になっているのか、とても興味が湧きました。

「あ〜、やっぱり❗️
It君はDr.になったのね〜。ずっとトップだったもんね〜」

「えー‼️Mちゃん、劇団の舞台女優やってるんだ〜〜Σ(゚д゚lll)すごいね❗️」

「テニス部だったAd君がフラメンコのプロギタリスト⁉️Σ(゚д゚lll)ワーオ

そんな中で…

ひときわ私の興味を引いたクラスメイトは…

中学から一緒だった、仲良しでありライバルだったSちゃんでした…

彼女は、医学学会やいろんな場面で同時通訳者として活躍する、札幌の医療通訳者の第一人者になっていたのです…


to be continued…




[PR]
by ururu1123 | 2016-03-16 19:55 | Comments(0)

続々々.Sちゃん先生

高校1年の5月に名取の試験を受けて、無事に名取になり…

その年の秋には、合格した名取全員の襲名披露も兼ねた盛大な発表会も終えて…

高校2年、3年になると、自分の将来の進路などで、それなりに悩むようになりました…

今では考えられないことですが、その頃の世間一般の考え方は…

女は4大より短大に進学して、卒業したらいい会社(その頃の企業は、1人暮らしの女子は生活が乱れるとの理由で親元通いが就職の条件だったのです)で2、3年「お茶汲み、コピーとり」がメインの仕事をして、25までに退職、結婚をして、30までには子どもを2、3人つくる。
(30歳以降に出産することを高齢出産(マル高)などと言われていました)

理想の結婚相手は3高(高学歴、高身長、高収入)が条件(わかりやすく言うと、あの育メン議員の宮崎議員みたいなタイプ(^◇^;)キライなタイプやわ〜)
とされていました…

まだまだその頃の日本は、男尊女卑の考えが根強く、女性が結婚しないでキャリアウーマンになること、結婚しても仕事を続けていくことは(特に田舎の方では)、すごく大変なことだったのでありました。

何も、3高のイケメンと結婚して、25までに結婚して30までに子どもを2、3人出産することが幸せなんかじゃない❗️とは、思っていませんでしたが、その頃の私は、なんと言うか、親や世間の言いなり、敷かれたレールの上を黙って行くのがイヤだったんですね(;^_^A

こうして、高2頃から反抗期に突入した私は、学校をサボって海を見に行くなどして、将来の進路を迷ったまま、札幌の某女子短大英文科に進んだのですが…

日本の大学生の悪い典型で…

進学後、勉強を一切しなくなり…

勉強そっちのけでヨット部活動に専念し、それから12年間はヨット競技にのめり込んで行ったのでありました〜〜(^◇^;)

あ、仕事は医療事務を数年経験したあと、法律事務所に長く勤務しました(;^_^A

ヨット競技はべらぼうにお金がかかったので、夜も家庭教師や塾の講師などして、朝から晩まで働いていました(;^_^Aふー

その間、北海道を離れた私は、学生時代の友達とは付き合いが途絶えてしまったのでした(その頃はメールなどもまだ一般的ではなく、気軽に連絡など出来なかったのです)


そして、月日は流れ…

長く自分さがしをして来た私は、紆余曲折を経て、また「芸」の世界に戻って来たのでありました…

ススキノの店でヴォーカルをしていた私は、6年くらい前から、趣味でもう一度一から英会話をやり直していました…

講師の名前はNic。

Nicは、まだ流行り始めたばかりのFacebookを勧めてくれ、外国人の友達を何人か紹介してくれて、勉強に役立てるようにアドバイスしてくれました。

ところが、もともとSNSというたぐいのものが苦手だった私は、Facebookをずっと放っていたのですが…

ある日…

こんなメッセージが来たのでした…

「もしかしたら、あなたはKry高校出身ですか?」

と…

折しも、ちょうど5年前、東北の震災直後のことでした…

そして、このメッセージが、その後の私の運命を変えることになったのでした…


to be continued…




[PR]
by ururu1123 | 2016-03-15 15:25 | Comments(0)

続々.Sちゃん先生

中学3年の頃…

こんなエピソードがあります…

1年後(高校入学の1か月後の5月)に、東京で名取の試験を受けることを決意した私は…

4歳からそれまで、稽古が週に2回くらい(多くて3回)だったのですが、毎日稽古に行くことになりました💦

学校からまっすぐバスで稽古場に向かい、(着物や扇子などは風呂敷に包んで置いておく場所が稽古場にありました(^◇^;))まず、名取試験の演目の女形を試験を受ける他のお弟子さんたちと一緒に師匠に稽古をつけてもらい、それが終わると、他のお弟子さんと交代しました(その頃は日舞を習う人も大勢いたので、稽古場は弟子であふれていました💦)。

そして、また2、3時間後には、今度は男形の稽古…

そしてまた、他のお弟子さんと交代し、1時間やそこら待たされ、最後に「幻お七」の稽古を1人だけでつけてもらいました。

そんなこんなで、稽古場に夕方5時くらいに入っても、帰宅するのは毎日深夜になりました💦
(受験勉強や試験勉強は、待合室で喧騒の中でしていました(;^_^A)

しかも❗️

その頃、自宅と父が経営していた自宅前の社屋の全部をリフォームではなく、全建て替えすることになっていたらしいのですが…

朝早く、フラフラしながら学校へ行き、帰りは毎晩深夜だったため…

古い家が解体していくところ、新しい家が出来あがっていくところを全く見ていないのでありました〜〜(^◇^;)💦

受験の数ヶ月前になると、工事のため自宅のお風呂が使えなくなり、0時頃に稽古が終わってから幣舞橋近くの銭湯に住み込みの姉弟子が一緒に行ってくれて、リエママが車で迎えに来てくれて1時過ぎに帰宅する…

と言うクレイジーな生活が高校受験の2日前まで続きました💦

家に帰ると、もう真っ暗になっていて、自分の部屋にももう入ることは出来ず、どの部屋で寝かされたのかも、自分の物がどこにあるかも全くわかりませんでした。

なので、この頃、何ヶ月も兄弟や父にも全く会っていないのでありました〜〜(^◇^;)

受験当日も全く緊張せずに終わり、その次の日からまた稽古に通い始めたのでありました〜〜(^◇^;)

でも、もう稽古場で勉強しなくて済んだし、春休みに入り、少しはのんびりできるようになり、学校以外で、仲良しだった友達と会っておしゃべりなどするようになりました(;^_^A兄弟や父とも再会〜💦

そして、ある日突然‼️

ゆっくり、昼間に自分の家を見渡すと…

いつの間にか、新しくなった自宅と父の社屋が出来あがっていたのでしたーΣ(゚д゚lll)ワーオ


to be continued…




[PR]
by ururu1123 | 2016-03-12 18:25 | Comments(0)