人気ブログランキング |

続々々々.旅行保険

救急隊員の方が詳細に問診をしてわかったことですが…

Lさんは2カ月ほど前から少し咳が出ていたのだとか…

「喘息やアレルギーではないんですか?」

との質問にも

「No.」

と、答えるLさん…

でも、私も20年以上前に、毎日毎日咳が続き、何ヶ月も咳止めや風邪薬を飲んでいたことがあったのですが、ある人に

「ひょっとして、アレルギーかもしれないよ。
耳鼻科に行ってみたら?」

と、アドバイスを受け、耳鼻科に行ってみたところ、やはりアレルギー性の気管支炎だった、と言うことがあったので…

「本人は喘息やアレルギーはないと、言ってますが、彼は知らないだけで、本当はアレルギーや気管支炎かもしれないです。」

と、勝手に付け加えて通訳をしました。
(仕事としての通訳の場合、やってはいけないことだそうですが💦)

1時間ほど走って、救急車は救急病院に着きました。

病院の救急入口で違うストレッチャーに乗せられ、たくさんの看護師さんたちにストレッチャーに乗ったLさんは、ICUに運ばれて行きました。

最近は、男性の看護師さんが多くなったので、誰がDr.で誰が看護師さんかわからない状態でしたが、女性の看護師さんが

「患者さんは旅行者と聞きましたが、保険に入ってますか?
それによって、レントゲンやCTなどの検査もするかしないか、になりますが…」

「保険には加入しているとのことですが、とりあえず100%は治療費を払って、保険会社への請求は帰国してからですよね?
こちらの病院はクレジットカードは使えますか?」

と、尋ねると、

「いえいえ、100%じゃないですよ。
外国人(旅行者)の場合は、150%かかってしまいます!
クレジットカードは使えますよ。」

150%‼️

私は顔が引きつった❗️

クレジットカードもアメックスやVISAカードならいいけど、聞いたことがないカードならマズいので、まず本人に確かめた。

医療費も10万…いや、20万円以上になるみたいだけど、検査してもらうかどうかを本人に確かめました。

気がつくと、彼の奥さんとK君は待合室に行かされていて、私が1人で通訳として残っていました。

Lさんは、「大丈夫、いくらかかってもいいので、治療して欲しい」と訴えたので、早速、気管支の炎症を抑える為の点滴をして、心電図や血圧を測る機械をつけられ、吸入をくわえさせられ、その上から酸素マスクをされたのですが、その度に看護師さんたちが

「はい、通訳をお願いします。」

と言うので、 頭の中は、

「ヒエ〜〜〜〜ッ、気管支の炎症を抑えるって、何て言うねん⁉️💦💦
て、点滴は "IV drip" だったっけ(^◇^;)

と、パニック状態でした💦💦

モタモタしている間に、LさんはレントゲンとCTを撮る為にICUから運ばれて行きました…

私がぽつんと残っている間にも、看護師さんやDr.達の怒号が飛び交い、患者さんが次から次へと救急車で運ばれて来ていました。

「ハァ⁉️
そんなことで、いちいち救急車使わないで、って、伝えてよ❗️
ICU満杯なんだから‼️」

女性の看護師さんの絶叫がカーテン越しに聞こえて来ました。

いや、ホントに、今の日本の「救急車タダ」は改正されないとアカンと、つくづく思いました…

絶叫した看護師さんが通りかかった時に、

「あの〜
うちらもこれくらいで、救急車使って来て、本当にすみませんでした…」

と、声をかけると、看護師さんは

「いやいや、違うのよ、あなた達のことじゃなくて(^◇^;)
転んで、ちょっと唇が切れたから救急車使って来たいらしいって、隊員から電話があったからね(^◇^;)
そんなんで、救急車使うな❗️って、言ったのよ。
Lさんは違いますから!」

と、言ってはくれたものの、本当に申し訳なかったのでした…


to be continued…



by ururu1123 | 2018-07-14 05:50 | Comments(0)

酒井理惠のドタバタの日常....(^^;
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31