続々.旅行保険

とりあえず、ホテルから一番近い美瑛町立病院、そして上富良野町立病院をチェックしましたが…

電話をしてみると、どちらもその日は夜間の対応はしていないので、旭川市の救急指定の病院に連絡して下さい、との返答…

私は、ツアーの幹事の日本人の友達と相談しました。

すると、ツアー参加者の中に元薬剤師だった人がいるので、聞いてみてくれて、咳止めか何かの薬をLさんに渡していました。

とにかく、朝まで様子を見て、朝一で美瑛町立病院に行きましょう、と言う結論に至ったのですが…

20分もたたないうちに、Lさんの奥さんが私のそばに来て、

「主人が呼吸をするのも苦しいので、今すぐ救急病院に連れて行って欲しい❗️
昨日の夜も咳で寝られなかったんです‼️

と、懇願して来たのでした。

(じゃあ、何で今日、冬?の山に登ったのよ⁉️)

心の中で思いながら、救急指定病院を調べました。

だが、しかし❗️

宿泊のホテルから救急指定病院のある旭川までは少なくとも50kmの距離があるので、タクシーで行くとなると、片道1万数千円はかかるに違いない

かと言って、Lさんには申し訳ないけれど、骨折や心臓発作、脳梗塞でもない限り、これくらいの症状で救急車を(タクシー代わりに)呼ぶことも正直、出来かねた…

それでなくても、今は簡単に救急車を呼ぶ人が多い、と日本では問題になっているのに…

それに、例え、行きは救急車を呼んだとしても、帰りはタクシーで帰って来なくてはならない。

このツアーを依頼された時(去年)から、私は何度も何度も何度も

「全員保険に入ってますか?
絶対に保険に入って下さいね‼️」

と、しつこいくらいに言ったので、保険には入っているとのことでしたが、果たして、病院までのタクシー代までカバーできるのかどうなのか…

そして、医療費も、保険でカバーできるとしても、それは帰国してからの話で、とりあえずは治療費を100%支払わなければならない。

いや、それどころか、救急病院に問い合わせてみると、外国人の場合、150%くらいの医療費になってしまうのだそう‼️

「それでも、今、病院に行きますか?」

彼の数人の友人から「早く救急車を❗️」と強く詰め寄られながらも、私はとにかく、リスクを説明し続けました。
(後から「リエのインフォメーションが不足だった❗️」などと言われない為に)

Lさんは、少し離れた場所で、かろうじて立っているものの、壁にもたれかかり、もはや会話もまともに出来ないくらいの症状になっていました。

「最悪の場合、肺炎にかかっているかも知れない…」

私は、100歩彼らに譲って決断し、ホテルのフロントに救急車を呼んでもらうよう、お願いをしたのでした…

「本当に申し訳ありません。」

電話の向こうの救急隊員に何度も何度も謝り、Lさんの病状、年齢などを聞かれるままに答え、

「30分くらいかかるけど、救急車が来てくれますよ❗️」

そう声をかけたLさんは、もはや返事もまともに出来ないほどの症状になっていました…


to be continued…



[PR]
by ururu1123 | 2018-06-30 20:30 | Comments(0)

続.旅行保険

お待たせしました〜〜💦

6/15の続きで〜〜す(^◇^;)


宴もたけなわな中で、1人の男性(Lさん)が私に病院に行きたいと訴えたのでした…

確かにLさんは、前日に空港に着いて、バスに乗り込んでから既に調子が悪そうでした。

マスクをして、時々咳をしていたので、

「大丈夫ですか?
北海道はこの通り、夏でも寒いですからね。
明日は無理をしないで十勝岳には登らないことも検討してください。
あまりひどいようなら、病院に連れて行きますよ(^_^)」

と、アドバイスしたのでした…

にもかかわらず‼️

Lさんはみんなと一緒に、真冬並みに寒くなった十勝岳に登り…

途中で引き返したとは言え、咳は確実に悪化していました。

Lさんは、バスの一番前の席に座っていたので、私の隣でコンコンコンコンと咳をしていて…

気管支喘息持ちの私から見て、

「Lさんの咳は風邪の咳じゃないな…
きっと、気管支アレルギーか喘息、はたまた、この寒さで肺炎にかかったのかも⁉️」

と、心底心配していました。

とは言え…

Lさんが病院に行きたい、と言い出したのは、既に夜7時を過ぎていました。

しかも、ホテルは美瑛町からも車で30分は離れている白金温泉…

「うーん…
近くに病院はないので、色々調べてみますね…
ちょっと待っていてください。」

Lさんの顔色は土気色になっていて、これはただごとではないかも、と覚悟を決めました…


to be continued…



[PR]
by ururu1123 | 2018-06-28 16:05 | Comments(0)

本番です

こちら本番の写真です(≧∇≦)

d0107097_08393210.jpeg

d0107097_08394358.jpeg

d0107097_08400363.jpeg

d0107097_08401496.jpeg

[PR]
by ururu1123 | 2018-06-25 18:35 | Comments(0)

リハなう(o^^o)

J-HOTさんのリハ🎵

d0107097_11013103.jpeg

ぼうふうりんのリハなうです🎶

d0107097_11550994.jpeg

d0107097_12465199.jpeg

本番はもうすぐで〜〜す(*^^*)



[PR]
by ururu1123 | 2018-06-24 12:15 | Comments(0)

本日、西区ちえりあで、コンサートです(*^^*)

d0107097_08023315.jpeg

頑張りま〜〜すo(^o^)o



[PR]
by ururu1123 | 2018-06-24 06:00 | Comments(0)

け、け、け、

警察署からの郵便〜〜⁉️Σ(゚д゚lll)なんやねん

ま、でもすぐに理解できました(^◇^;)

封筒には「落とし物係」と手書きで書いてあったからですf^_^;

d0107097_17273108.jpeg

「あー
きっと、落し主が交番に行って、例のバックパックがちゃんと主の手に戻ったんやね(*^^*)」

d0107097_17275036.jpeg

封を開けて読んでみると…

やはり…

私の読みどおり、落し主は英語圏(アメリカ合衆国)の男性でした(≧∇≦)ビンゴ❗️

フルネームで書かれていましたが、「ウィリアム」と言う名前のアメリカ人…

きっと、

「なんて、日本は良い国なんだ❗️
Amazing‼️」

と、交番で叫んだろうな…

目に浮かぶねー(≧∇≦)


めでたしめでたし




[PR]
by ururu1123 | 2018-06-21 17:40 | Comments(0)

おまわりさんが全ての検品をしたところで…

「もし、落し主が9月までに現れない場合、貴女が引き取る権利がありますが…
どうされますか?」

と聞かれ…

まー、食べかけのポッキーやら、汗臭いTシャツや、度の合わない眼鏡やら、どこぞの鍵かわからない3つの鍵を貰ってもしょうがないけど(^◇^;)

小銭が約4,000円くらいあったので、

「あ〜
そうですね〜〜
その場合は〜〜
ん〜〜
遠慮なく…
いただきますかf^_^;」

と、笑顔で答えると…

おまわりさんは無表情で、

「はい、わかりました。
それではここに貴女の住所、名前、電話番号を記入してください。」

と、事務的に言い、淡々とマニュアル通りのことをツラツラと述べた…

落し主が現れた場合も何割だかの謝礼を受け取る権利があるらしいけれど、何百万円拾ったならまだしも、何百円の謝礼なのだから、

「いえいえ、謝礼なんて結構です(^_^)

と、辞退しました💦


月日は流れ…
(と言っても、10日間くらいですが(^◇^;))

マレーシアの75人ツアーの為の準備で大わらわになり、すっかりバッグパックのことは忘れてしまっていました…

ある日、

うちに帰り、郵便受けを見ると…

札幌中央警察署からの茶封筒が入っていたのでした…


to be continued…

明日からまた違うツアーで〜〜すε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘準備、準備💦




[PR]
by ururu1123 | 2018-06-18 21:55 | Comments(0)

テレビ塔のすぐ横にある交番に着く間に、私はこう考えた…

もし、落し主がバックパックをどこに置き忘れたか覚えていなくて、パニックになり、どこかの交番に駆け込んでも、ちゃんと主の元に届くはず…

観光案内所とかに預けるよりも、それが一番確実な方法だろう…

交番に到着し、おずおずとドアを開けて中に入った…
(警察の世話になるほど嫌なことはない💦)

「どうされました?」

笑顔は一切なく、高圧的な感じでおまわりさんが尋ねてきた…

私はバックパックを見せながら、経緯を話しました。

すると、1人のおまわりさんがテキパキとバックパックを開けて中身を全て取り出し、もう1人のおまわりさんが調書に、中に入っている物を次々と書いていきました。

その様子をじっとそばで見ていた私は、落し主の性別や年齢、旅行者か地元の人か、などのバックグラウンドを推測していました…

男性、20〜40歳くらい、

パンフレットが何枚かあるところを見ると、旅行者か…

そして、

決定的な証拠を、私は見逃さなかった❗️

5cm四方の銀色のアルミパックのブツが7,8枚連なって出てきたとき…

いかがわしいものかと思い、目を凝らして見てみると…

それは❗️

眼鏡のレンズクリーナーだった(^◇^;)

のだが❗️

そのアルミパックは日本語ではなく、英語で表記されていた❗️

ので、

恐らく、落し主は英語圏の若目の旅行者だろう…

と、推察するに至ったのでした…


to be continued…

ただ今、ツアーの札幌フリータイムで〜〜すf^_^;ふー



[PR]
by ururu1123 | 2018-06-17 13:35 | Comments(0)

軽食スタンドのマスターに、

「あの〜
このバックパックが、あそこのベンチに2時間以上置いたままになっているんですが…
誰か忘れて行ったんじゃないかな、って思うんですよねー(^◇^;)」

と言うと、マスターに

「あー、よく忘れ物あるんですよね。
財布とか携帯とかは入ってるんですか?」

と聞かれ、中身を確認すると…

底の方に100円玉や500円玉がジャラジャラと裸で入っていた❗️Σ(゚д゚lll)

現金や財布が入っていなければ、最悪、元の所に置いていてもやぶさかではないが、小銭とはいえ、お金を見てしまったからには、それもできない…

しかも❗️

もっとよく見ると、ロッカーか金庫か何かの鍵と思われる小さめの鍵が3つ付いた鍵束が見つかった❗️Σ(゚д゚lll)

マスターは、

「ここに置いておいてもいいですよ〜。
あとで取りに来るかも知れないし(^◇^;)」

と、親切に言ってくれたけど…

果たして、落し主がちゃんとこの場所だと覚えているかどうか定かではない…
(私もよくあるけど、どこに忘れて来たか、どこで落としたか、わからないことがよくあるので💦)

しかも、戻ったとしても、この軽食スタンドに立ち寄るとは限らない💦💦

悩んだ末…

私はそのバックパックを、歩いて7,8分の交番に持って行くことに決めたのでした…


to be continued…


今日もツアー、頑張りま〜〜す(^◇^;)



[PR]
by ururu1123 | 2018-06-16 06:10 | Comments(0)

旅行保険

ツアー3日目…

ただ今、彼らはBBQの真っ最中…

d0107097_21173926.jpeg

d0107097_21181277.jpeg

何ごともありませんように…

と、いつものように、神社で神頼みして迎えたツアーでしたが…

早くも今までで一二を争うくらいハードなツアーとなりました…


てるちゃんを連れて行ったにもかかわらず、昨日の十勝岳登山は過酷なものとなりました。

朝からみぞれ、強風の悪天候で、

「これ、本当に南国の人たちが登れる天候なの?」

と、思いながら、バスの中で待機をしていました。

d0107097_22465508.jpeg

2時間が過ぎた頃から、2人、また3人…と言う感じで、雨がっぱを来て凍えながら下山して来た1人1人に声を掛けて、健闘を称えてあげました。

4時間半が過ぎた頃、(奇跡的に)怪我人も遭難者も出なく、無事に全員を乗せ、ホテルに帰りました。

バスの中で、前日はあれほど嫌がっていた(裸になって入る)温泉に、「一刻も早く入りたい❗️」と、口々にみんなが言っていました。

その晩の宴会は日本式で大いに盛り上がり、私も安堵して、ビールから日本酒に切り替えようかな…と、思っていた

その時❗️

1人の男性が、一番下座に座っていた私のそばに来て尋ねました。

「理恵、聞いてみるんだけど…
このホテルの近くに病院があるかい…?」


to be continued…

d0107097_21352184.jpeg



[PR]
by ururu1123 | 2018-06-15 21:15 | Comments(0)